タグ別アーカイブ: 緊縛

「ようこそ男性女体化研究所へ」結婚詐欺師が拉致緊縛され強制女装でアナル調教


「ようこそ男性女体化研究所へ」結婚詐欺師が拉致緊縛され強制女装でアナル調教される「強制女装 激ヤバ 悶絶アクメ」のサンプル動画ですが2分間に凝縮されていて早い人だとこれだけで抜けます。

結婚詐欺の男が、ホテルの部屋で麻酔を嗅がされ、気づくと強制女装させられ、緊縛されています。

「女の子みたいだね」
「女の子なんだよ」
「さっきまで男の子だったのに」

アナルを徹底的に開発されて・・・

集団で責められて気が遠くなる

男から乳首を責められて

本当に女の子になっちゃったかも・・・

女の子としてアナルファックされて快感でイッテしまった・・・

「ようこそ、男性女体化研究所へ」

電動器具を駆使したアナル責めも凄いですが、当初は男性としてあがいていた主人公が、だんだんと本当の女性のようになっていく演技が見ものです。

 

 

監禁・緊縛され猿轡をされた女たちの運命は? 「DID~囚われ危機に陥るマゾ女~」

「DID~囚われ危機に陥るマゾ女~」というタイトルのSM緊縛作品が6月18日に配信開始され、DUGA総合ランキングのトップにランクされています。SM、緊縛カテゴリーの作品が、総合ランキング1位になることは非常に珍しいのですが、いったいどうしたのでしょうか?

日本男子の健全なアダルト趣味が、突然SMに変わったのでしょうか?もし国民全体が加逆的になったとしたら恐ろしいことです。集団的自衛権なんてとんでもない!

それよりは、ワールドカップで惨敗して日本中の男たちが「もうどうにでもしてくれ」と全員被虐趣味に変わった可能性が高いですね。ウソです。)

このタイトル、DIDはDamsel In Distress(ダムゼル・イン・ディストレス)の頭文字を取ったもので「危機に陥った女」を意味する略号です。

この作品では、女性が緊縛され、猿轡をはめられて、身動きが取れず、声も出せない状況で「ころがされている」状況を意味しています。

SMプレイのために縛ってあげよう、と合意して緊縛したものなのか、強盗目的で家宅侵入した犯人が居合わせた家族が邪魔にならないよう縛ったのか、あるいはこれから海に沈められるのか、それとも単に放置されてひからび、死に追いやられるのかという点については不明です。

ただ縛られ、もがいているところを、様々な角度から撮影し、女性たちの苦痛、苦悩と絶望を描くだけの、きわめて異様な作品なのです。プレイのために縛ってもらったというような甘っちょろさはなく、苦痛を伴うきつい縛られ方で、わずかなうめき声しか出せず、目で懇願する以外には、やめてくださいと訴える方法もない状況に置かれた女性たち。「本当にこのまま解放してくれなければ・・・」との恐怖が表情に表れるほどのリアルさをご堪能ください。

 

なお、DUGAはPPV(一本ごとに支払って見る)のが基本ですので、まずここをクリックして無料会員登録してください。DUGAの特徴や注意事項については当サイトの詳細な記事をご覧ください。

話題の新人ゆきのあかり最新作「ニューハーフアイドル 羞恥緊縛調教 ゆきのあかり」

話題の新人ゆきのあかり最新作「ニューハーフアイドル 羞恥緊縛調教 ゆきのあかり」は「羞恥緊縛調教」というよりは「恥じらいの快楽調教」と呼べる、ゆきのあかりの魅力を見せるために作られた作品です。下記画像をクリックしてサンプル動画をご覧ください。
ニューハーフアイドル 羞恥緊縛調教 ゆきのあかり

ゆきのあかりは1994年6月22日生まれ、20才になったばかり。2014年デビューの新人ニューハーフ女優です。

170㎝ 90-64-88のEカップボディ(※脚注参照)は、はち切れそうに初々しい魅力を発散しています。

特にEカップのオッパイが美しい!大きさだけでなく、ツンと上を向いた乳首、四つん這いになった時の美しい垂れ姿、仰向けになった時のわざとらしくない膨らみ具合、どの角度でも素晴らしい美乳ですね。

拉致されて緊縛され

大勢に調教され

乳首、ペニクリ、アナルマンコを同時責め

垂れた姿も美しいEカップ

それにしてもペニクリが巨大!

緊縛調教といっても、これは快楽調教。見ている方も133分の快楽の時間が得られます!

 

[ 脚注 ] 170cm 90-64-88はWikipediaのデータです。一方、ゆきのあかり所属の横浜のニューハーフクラブ華月のHPには21才でW54と書かれています。年令はWikipediaが正しいことが多いですが、ウェストは64も無いように見えますが・・・

今はまだ指名できるようですが、いずれ「SOLD OUT -入手不可能」になる可能性が大きいので、実物にお目にかかりたければ今のうちだと思った方がよろしいです。

 

逆さ吊りで4人のモデル系美女に凌辱される空中悶絶の疑似体験ができるSM快楽作品

177㎝高身長 高下えりか様ら4人のボンデージOLがピンヒールをM男のアナルに蹴り込む、凄すぎるリンチと同じ女優陣(高下えりか、吉瀬りな、月野えりか、深田梨菜)による、「超S痴女 空中悶絶M男 射精ガマン責め 腰がヌケるほど責めてアゲル! モデル系お姉さん4人の目の前で吊られたまま徹底的にいやらしくイジメられ犯される快楽射精地獄!」という長すぎる原題のSM娯楽作品です。DUGAのM男カテゴリーで33位と、非常に満足度指数が高いといえますね。

高身長美女フェチの私としては、高下えりか様の格好よさにうっとりして、「逆さづりでもなんでもしてくれ」と言いたくなります。

前述の「ピンヒールを蹴りこむ」作品と同じメンバーで同じようなシチュエーションですが、この作品は1年半ほど前に撮影されたもの。高下えりか様は当時27才という計算ですね。モデル系のお姉さん達に犯されるという感覚は、現時点の4人組だと、(2年近く年食った分)少し凄みが出たのかも知れません。

私は「ピンヒールを蹴りこむ」作品のレビューでは「高下えりか様が目の前に現れて、ビデオと同じことをやってあげるから着いておいで、と言われても着いていかない。」と書きましたが、この作品と同じことをしてくれるなら着いていきます。

このパイプ責めは一度やられてみたいですね。

でも、あまり乱暴にパイプを使われると、脆弱な睾丸部分を潰されないか心配。

責められても射精を我慢させられて、出せばお仕置きされる、というルールも、以前ご紹介した「寸止め地獄もの」 ほどではないですが、この作品の臨場感のポイントと思います。

「超S級の痴女に責められる」というと、SM女王が渾身の力で鞭を振り下ろしながら激しく汚い言葉で罵る姿を想像しますが、この作品の超S級痴女4人組は、女っぽい言葉で甘くじわじわと責めてくれるところが大違いです。

しかし、「こんなことして欲しいのね」と優しく尋ねるような口調でも、結局やることはSで、じわじわと確実にやられるのです!ということは、本当はこちらの方がタチが悪いかも知れませんね。本当のS女は、こんな風に時間をかけて責め続けるものなのでしょうか。

逆さ吊りは、実際にやられると、見ているより消耗が大きいと思います。逆さ吊りから下ろされて、すぐに犯される時の臨場感は最高で、何度でも抜ける作品です。

タイでマフィアに強制性転換されアナル娼婦に調教される悦び

「ニューハーフ電気責め ドライオーガズム完全調教 アナル娼婦の館 水朝美樹」という仰々しい原題ですが、本サイトのために作られたようなストーリーと設定の、超おすすめ作品ですので、タイでマフィアに強制性転換されアナル娼婦に調教される悦びを一緒に味わっていただければ幸いです。

主演女優も172cm 60kg+美乳でSもMもできる宝塚男役系ボディのニューハーフ水朝美樹というベストなキャスティング。

水朝美樹ちゃんに感情移入、というより憑依して、95分間、完全集中する心構えが重要。そうすることで、あなたのアナルは何度もひくひくし、ペニクリの硬度は未経験領域に達します。

「私の名前は水朝美樹です。」と10回自分に言い聞かせ、念のために自分の胸と股間を触って確かめてから再生ボタンを押してください。


私はタイ旅行に出かけ、大好きなバンコクを楽しもうとワクワクしていました。

ところが、不覚にも、ある女に騙されてマフィアに監禁されてしまったのです。繰り返し、激しい暴力を受けてぐったりとなった私は、ある晩、睡眠薬を飲まされてしまいます。

正気を取り戻すと愕然としました。

私の胸には大きすぎる双丘が盛り上がっていました。

股間に何となく違和感があります。まさか!

でもペニスはありました。ああ、よかった。

でも・・・

タマタマが無い!

私の体には性転換手術が施され、ペニクリを残して女体化されてしまったのです。

マフィアは私を睡眠薬で眠らせて、性転換手術を行ったのでした。

私の体を女扱いする汚らわしい男たち。

「男同士じゃないか、恥ずかしがることはないだろう。」

「とんでもない。絶対にいやです。」

「先生が、これから、心も女に作り替えてくれるから、すぐに嬉しがるさ。ここは性転換手術した後でアナル娼婦に作り替えるための調教部屋なんだから。」

先生はその道の超エキスパートの女医さんです。

私は台にしばれつけられて、浣腸で腸を空っぽにされます。

「恥ずかしい、見られている前でウンチが出てしまうなんて」

アナルに指を突っ込まれてかき回され、器具も使って激しく責められると、何とも言えない感触と痛みの中から、かつて感じたことのない、胸をえぐられるような不思議な刺激が生まれてきました。

「やめてぇ・・・・」

女のような声で悲鳴を上げる自分自身に驚きました。

女医さんは私のお尻の穴に巨大なペニバンを挿入し、慣れた様子でピストンし始めました。男のはずの私が女にペニスで犯されるなんて・・・と、訳が分からなくなりながら、「あぁ~あぁ~」と叫んでしまう私。

電気責め、アナル責め、私は、「アァン、アァン」と声を上げるばかりでした。

ぺニバンを抜いた後、先生は指をアナルに突っ込んで、前立腺を弄び始めました。そのエキスパートのテクニックで、私は脳みそがズタズタになってしまいました。

「気持ちいい、もっとしてほしい」と、私の脳に反する声が、熱くなった体の中から迸り出そうになるのを、必死で否定しようとしました。

でも、さらにアナルをいじられて、マフィアの男の生のペニスで犯され、私は本当に行ってしまったのでした。

私は潮を吹いたようでした。睾丸を取り去られたのでは、二度と射精ができるはずはないのに、ペニクリから女の愛液のような液体が大量に飛び出したらしいのです。

自分が男であるという認識は完全に飛ばされてしまっていて、その男のペニスを心から愛おしく感じて、アナルマンコの中で男のザーメンを出してもらう感触を熱望しました。

「お願いです。中にいっぱい出してください。」と心から懇願したのでした。

身も心もアナル奴隷として調教されたことを、心から幸せに感じました。

マフィア組織としては、上玉の性奴隷を一人作ることに成功して、さっそくビジネスに取り掛かり、私を香港の秘密クラブに売りとばしました。

その秘密クラブで、アナル娼婦としての私のハードでマゾな倒錯の日々が始まるのでした。

私は、この作品の撮影中、本物の激しい快感を感じ続け、本気で放糞し、潮吹きしていまい、撮影前の自分とは別な人格になったような気がします。アナル性感師の女性は本物のエキスパートでした。