監禁・緊縛され猿轡をされた女たちの運命は? 「DID~囚われ危機に陥るマゾ女~」

「DID~囚われ危機に陥るマゾ女~」というタイトルのSM緊縛作品が6月18日に配信開始され、DUGA総合ランキングのトップにランクされています。SM、緊縛カテゴリーの作品が、総合ランキング1位になることは非常に珍しいのですが、いったいどうしたのでしょうか?

日本男子の健全なアダルト趣味が、突然SMに変わったのでしょうか?もし国民全体が加逆的になったとしたら恐ろしいことです。集団的自衛権なんてとんでもない!

それよりは、ワールドカップで惨敗して日本中の男たちが「もうどうにでもしてくれ」と全員被虐趣味に変わった可能性が高いですね。ウソです。)

このタイトル、DIDはDamsel In Distress(ダムゼル・イン・ディストレス)の頭文字を取ったもので「危機に陥った女」を意味する略号です。

この作品では、女性が緊縛され、猿轡をはめられて、身動きが取れず、声も出せない状況で「ころがされている」状況を意味しています。

SMプレイのために縛ってあげよう、と合意して緊縛したものなのか、強盗目的で家宅侵入した犯人が居合わせた家族が邪魔にならないよう縛ったのか、あるいはこれから海に沈められるのか、それとも単に放置されてひからび、死に追いやられるのかという点については不明です。

ただ縛られ、もがいているところを、様々な角度から撮影し、女性たちの苦痛、苦悩と絶望を描くだけの、きわめて異様な作品なのです。プレイのために縛ってもらったというような甘っちょろさはなく、苦痛を伴うきつい縛られ方で、わずかなうめき声しか出せず、目で懇願する以外には、やめてくださいと訴える方法もない状況に置かれた女性たち。「本当にこのまま解放してくれなければ・・・」との恐怖が表情に表れるほどのリアルさをご堪能ください。

 

なお、DUGAはPPV(一本ごとに支払って見る)のが基本ですので、まずここをクリックして無料会員登録してください。DUGAの特徴や注意事項については当サイトの詳細な記事をご覧ください。


サンプル動画を見まくるにはメルアドと年齢だけで無料登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です