タイでマフィアに強制性転換されアナル娼婦に調教される悦び

「ニューハーフ電気責め ドライオーガズム完全調教 アナル娼婦の館 水朝美樹」という仰々しい原題ですが、本サイトのために作られたようなストーリーと設定の、超おすすめ作品ですので、タイでマフィアに強制性転換されアナル娼婦に調教される悦びを一緒に味わっていただければ幸いです。

主演女優も172cm 60kg+美乳でSもMもできる宝塚男役系ボディのニューハーフ水朝美樹というベストなキャスティング。

水朝美樹ちゃんに感情移入、というより憑依して、95分間、完全集中する心構えが重要。そうすることで、あなたのアナルは何度もひくひくし、ペニクリの硬度は未経験領域に達します。

「私の名前は水朝美樹です。」と10回自分に言い聞かせ、念のために自分の胸と股間を触って確かめてから再生ボタンを押してください。


私はタイ旅行に出かけ、大好きなバンコクを楽しもうとワクワクしていました。

ところが、不覚にも、ある女に騙されてマフィアに監禁されてしまったのです。繰り返し、激しい暴力を受けてぐったりとなった私は、ある晩、睡眠薬を飲まされてしまいます。

正気を取り戻すと愕然としました。

私の胸には大きすぎる双丘が盛り上がっていました。

股間に何となく違和感があります。まさか!

でもペニスはありました。ああ、よかった。

でも・・・

タマタマが無い!

私の体には性転換手術が施され、ペニクリを残して女体化されてしまったのです。

マフィアは私を睡眠薬で眠らせて、性転換手術を行ったのでした。

私の体を女扱いする汚らわしい男たち。

「男同士じゃないか、恥ずかしがることはないだろう。」

「とんでもない。絶対にいやです。」

「先生が、これから、心も女に作り替えてくれるから、すぐに嬉しがるさ。ここは性転換手術した後でアナル娼婦に作り替えるための調教部屋なんだから。」

先生はその道の超エキスパートの女医さんです。

私は台にしばれつけられて、浣腸で腸を空っぽにされます。

「恥ずかしい、見られている前でウンチが出てしまうなんて」

アナルに指を突っ込まれてかき回され、器具も使って激しく責められると、何とも言えない感触と痛みの中から、かつて感じたことのない、胸をえぐられるような不思議な刺激が生まれてきました。

「やめてぇ・・・・」

女のような声で悲鳴を上げる自分自身に驚きました。

女医さんは私のお尻の穴に巨大なペニバンを挿入し、慣れた様子でピストンし始めました。男のはずの私が女にペニスで犯されるなんて・・・と、訳が分からなくなりながら、「あぁ~あぁ~」と叫んでしまう私。

電気責め、アナル責め、私は、「アァン、アァン」と声を上げるばかりでした。

ぺニバンを抜いた後、先生は指をアナルに突っ込んで、前立腺を弄び始めました。そのエキスパートのテクニックで、私は脳みそがズタズタになってしまいました。

「気持ちいい、もっとしてほしい」と、私の脳に反する声が、熱くなった体の中から迸り出そうになるのを、必死で否定しようとしました。

でも、さらにアナルをいじられて、マフィアの男の生のペニスで犯され、私は本当に行ってしまったのでした。

私は潮を吹いたようでした。睾丸を取り去られたのでは、二度と射精ができるはずはないのに、ペニクリから女の愛液のような液体が大量に飛び出したらしいのです。

自分が男であるという認識は完全に飛ばされてしまっていて、その男のペニスを心から愛おしく感じて、アナルマンコの中で男のザーメンを出してもらう感触を熱望しました。

「お願いです。中にいっぱい出してください。」と心から懇願したのでした。

身も心もアナル奴隷として調教されたことを、心から幸せに感じました。

マフィア組織としては、上玉の性奴隷を一人作ることに成功して、さっそくビジネスに取り掛かり、私を香港の秘密クラブに売りとばしました。

その秘密クラブで、アナル娼婦としての私のハードでマゾな倒錯の日々が始まるのでした。

私は、この作品の撮影中、本物の激しい快感を感じ続け、本気で放糞し、潮吹きしていまい、撮影前の自分とは別な人格になったような気がします。アナル性感師の女性は本物のエキスパートでした。

「タイでマフィアに強制性転換されアナル娼婦に調教される悦び」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です