wpmaster のすべての投稿

百年の愛:性別と時空を超えて

百年の愛:性別と時空を超えて

スペイン風邪が猛威を振るう100年前のロンドンから大学教授が感染症対策の決め手となる治療技術を求め現代にタイムトラベルして、若い分子生物学者サムと出会い、彼を説得してタイムマシンで100年前のロンドンに連れて行きます。

しかし、サムがロンドンの教授の家で目覚めると、何となく変な感じがします。その部分を手で触ってビックリ!サムの体は若い女性になっています。

教授のタイムマシンの場合、10人に1人の割合で性別が変わるとのこと。
「そうならそうと、先に言ってくださいよ!」

「もしそう言ったら来てくれなかったよね?」

そうなってしまったものは仕方ない。サムがシャワーを浴びてベッドの上を見ると、そこには当時の女性が着ていた補正下着や巨大なスカートが置いてあり、サムは仕方なくその服を着ます。

教授はサムをサマンサと名付け、サマンサになったサムは教授の研究室で2023年から持ってきたDNAワクチン産生菌を使って、たんぱくの発現と精製に取り掛かります。

スペイン風邪はインフルエンザの原型なので、インフルエンザに効くワクチンならスペイン風邪にも効くだろうというのがミソ。

ワクチンは完成しますが、病院では副作用を恐れて使いたがらず、大丈夫だと証明するためにサマンサになったサムは自分にワクチンを注射し、付属病院の感染病棟で看護師(ナース)として働くことに……。

あとは小説を買って読んでください。100年前のロンドンの女性がどんな服を着てどんな生活をしていたのかを疑似体験できます。

この記事の投稿時点での価格は99円と激安でした。

新型コロナ肺炎のせいで女性化を強いられた船橋市の大学生

新型コロナ肺炎のせいで女性化を強いられる

この国では新型コロナ肺炎のせいで普通の男性が女性化を強いられるという事態が日常的に起きています。それを信じるも信じないもあなたの自由ですが。普通の男性が女性化するとはどういうことか、身体と心はどのように変化するのか、そもそも突然強いられる大転換に男性の精神が耐えられるのか?

あなたは新型コロナ肺炎のワクチン接種を受けましたか?計り知れない副作用があるとか、ワクチンは国家規模の陰謀だとか、数々のウェブサイトに恐ろしいことが書かれています。しかし、ワクチンを接種した方が感染率も重症化率も1桁減るというのは事実のようです。悪いことは言わないから受けた方がいい。受けなければ安心して遊びにも行けない。

そうだ、早くワクチン接種を受けよう!そう思っても誰でもすぐに受けられるものではありません。職域接種や大学での集団接種が受けられる人はラッキーです。そんなツテが無い人は自治体から接種券を入手して、自分でどこかで予約を取る。

自治体と言っても対応は千差万別。6月の時点で、千葉県船橋市は最も遅れており、市民はやきもきしていました。ある船橋市在住の大学生が「自分はいつになったらワクチン接種を受けられるのだろうか」と焦っていた時、公園で他人の接種券が入ったジップロックの袋を拾いました。自衛隊の東京大規模接種センターの予約メモと運転免許証も入っており、警察に届けるつもりでしたが、免許証の写真が自分とよく似ていて同年齢なのを見て彼の心に悪魔のささやきが……。

彼は予診票をダウンロードし、運転免許証に書かれている通りの住所氏名等を記入したものを持って、自衛隊東京大規模接種センターに出向いたのでした。見破られないかとおどおどしながら書類を差し出しますが、スムーズに受け付けてもらって、ついに念願のモデルナのワクチンの接種を受けることができました。2回目の接種の予約を取って、経過観察エリアで既定の時間待機します。

その時、手に痒みが。あっという間に発疹が広がるのをマスクで隠して我慢しますが、時間が来て立ち上がると、フラフラっとなってその場に倒れます。「これがアナフィラキシーショックというものか」と思った時には時すでに遅し。

みなさん、おわかりですか?他人の接種券を使ったことがバレるのは確実です。ズルをしたら大変なことになるんですよ!

しかし、彼の場合、自衛隊東京接種センターの医務室で目覚めた時にはまだ他人に成り代わったことがバレておらず、警察に突き出されずにビルから出ることができます。

拡大試読するには画像をクリック

人生甘くない。天網恢恢疎にして漏らさず。彼がどのように女性化するか、それを知りたい人は、980円払ってこの本を買いましょう。実話に基づいた小説かどうかはご自分で判断してください。私の場合3時間ほど夢中になれた長編サスペンス小説でした。アダルト小説ではないのに、どんなエロ動画よりドキドキしてギンギンになるのが不思議でした。

この本以外に、新型コロナ肺炎Covid-19の終息直後にCovid-MTFというとんでもないコロナウィルスが蔓延して大変なことになるという社会派SF小説もお勧めです。

Covid-MTF:男が女性化するパンデミック
1年間に人口の0.5%が女性化するだけで世界は根本的に変わった。新型コロナ肺炎が変異種を含め制圧されて間もなく、別のコロナウィルスが全世界を混乱に陥れる。それは男性だけがかかり、ひとたび発症すると体が女性化して胎内に双子を宿すという病だった。

新型コロナ肺炎時代の性転換・女装秘話

新型コロナ肺炎の第2波、第3波に見舞われて、下火になりそうに見えたテレワークが再び盛り返して自宅で過ごすことが多くなった方もおられると思います。

テレワークが当たり前になると、社内のコミュニケーションで従来メール・電話・面談でやっていたことのうち、チャットで済む部分が如何に多いかに気づかされます。特にSlackのようにテキストチャットからワンクリックで瞬時にボイスチャット、ビデオチャットに切り替えられる環境があれば、わざわざウィルスが居る電車に乗って通勤する必要もない気がします。

Slackのような環境が当たり前になると、上司、同僚と実際に顔を合わせず、チャットだけで人間関係が成り立ちます。課の飲み会もZoomで十分酔えるし、気を遣わなくて、さっと切り上げられます。

最近、音声変換の機械やソフトウェアの性能が向上しており、男性が女性のフリをして電話に出てもパスできるようになりました。(声は高くなってもボイトレすなわち発声の訓練は必要です。)もし男性社員が音声変換ソフトを使い、上半身だけ女装してお化粧すれば、女子社員として働くことも可能かもしれません。Zoomのオンライン入社式で社員になり、ずっとテレワークすれば、女子社員として一生を送れるのでは?

社外の面談も慣れればZoomでかなり突っ込んだ交渉が可能です。フェイク女子社員としてZoomで営業をして契約を取り、その際に「一度実際にお目にかかることが契約書にサインする条件です」と言われたら……?!

テレワーク時代のさまざまな思惑と性のよじれが現実になったお話が バーチャルな恋人:今日から女の子になりなさい です。実話かもしれないと感じさせる長編小説で、何時間も浸りきれました。

新型コロナ肺炎をテーマにした性転換小説と言えば異性へのワープ

妻を失った32歳の男性がヤケ酒で酔い、目覚めたらセーラー服の女子中学生になっていて、死んだ妻の中学時代へとワープしていたという長編小説。

横浜港のダイヤモンドプリンセス号事件と東北大震災を彷彿とさせるお話しですが、読後感として実際に心身が女になってしまったという感覚が長引くのが特徴です。

 

もう一つの新型コロナ小説もSF要素が入っており、男性サラリーマンと部下の女性がタイムスリップしてスペイン風邪が蔓延していた100年前の大正時代に行ってしまうのですが、2人の中身が入れ替わっていたというお話です。

ドラマのJINで大沢たかお演じる仁が江戸時代末期の日本にタイムスリップしてみたら綾瀬はるかの身体で目覚めたというシチュエーション、といえば分かりやすいでしょう。

百年越しの縁はそんなパロディーではなく、結構スケールの大きい文学作品だと思いますが、男性サラリーマン「僕」に感情転移して読み進むと、だんだん身体と心の奥底まで大正時代の女になってしまい、読み終えた後も男に戻るのが難しくなりました。

囚われて女にされた人が語る恐怖の体験談

監禁、緊縛されて奴隷調教あるいはペット調教されたり、女装させられて強制女性化、というアダルトビデオは数多く販売されており、結構人気があります。

難点としては、人気作品の価格が数千円とか、高く設定されていることです。この分野は玉石混交であり、SMカテゴリーの動画の中で女装やバック攻めを取り入れただけのものが多いと思います。このカテゴリーの視聴者は単なるSM愛好家ではありません。自分自身が強制女性化させられるシーンを夢見るMの男性から、美少年を強制女装させたり強制女性化させて加虐するシーンに快感を覚えるSに至るまで、いわば正反対のストーリーを待ち望んでいる人たちが幅広く存在しています。

その結果、せっかく動画を購入しても期待とは違うストーリーだったという確率が高いのが実情です。そして、ストーリー性が希薄で単なる女装SMシーンがダラダラと続く作品が大半を占めています。だから、一部のストーリー性の高い作品が(他の作品では満足が得られないので)高価な価格でも人気を集めるという現象が起きるのだと思います。

自分自身が強制女性化させられるシーンを描いた作品を見たい人にお勧めできるのは、一部の高価な人気作品か、小説、それも、いわゆるエロ小説ではなくストーリー性の高い小説です。「囚われて女にされる」シリーズはストーリー性が高く、長時間楽しめる長さの小説なので高い満足感が得られます。

このシリーズの最大の特徴は、囚われて女にされる主人公(当初は男性だが最後には女性にされてしまう、美少年の場合が多い)が自分の目で見て身体と心で感じたことを「僕」「私」として語っているということです。共感しやすいように描かれているので、読者は自分が現に囚われ、緊縛されて女装させられ、段階を踏んで女性化させられる状況を自分自身の事のように体験できます。作者が実際にそのような体験を重ねて来た人物?という記事もネットで流れているので、リアル感が半端ではないです。