カテゴリー別アーカイブ: M男・女王様

超ドMなMTFのマジTS作品・メスネコになってみたい方にお勧め

会社の中の境界線R18続編:僕はネコである

MTFで超ドMな本気でネコとして可愛がられるマジTS作品のご紹介です。

会社の中の境界線」の中で女の子にさせられてしまった主人公がその後どうなったかについて「僕はネコである」が発売されました。

前の恋人に監禁されていた主人公の青葉麻有(マユ)は香月たちの手によって解放されて自由の身となり、会社勤めを再開しました。マユには新社長のアシスタントへの異動命令が出ますが、密かにマユを好きだったチームリーダーの香月はマユを新社長に奪われると心配し、社内異動の歓送会の席でマユにプロポーズします。

「マユ、私と結婚しなさい。今日限り会社を辞めて私だけの子猫ちゃんになりなさい。」

香月のプロポーズを受諾して退職し、香月のアパートに住み着いたマユは、今後香月だけの子ネコとして暮らすよう命令されて厳しい規則を突き付けられます。それは、前の恋人のペットだった時よりも更に過酷なものでした。

  • 毎日二十四時間、この規則に一生の間従う。
  • 言語はネコ語のみ。人間の言葉は厳禁。
  • 着衣禁止。
  • 二本足歩行禁止。
  • 手を歩行以外に使用することの原則的禁止。
  • トイレは砂場で
  • 餌はキャットフードを皿から直接口で食べる
  • 飲み物も皿から直接口で飲む
  • スマホ等はすべて廃棄

マユは香月に言われるまま「香月だけの子ネコちゃん」として暮らすことになったのでした。

こう書けば「性転換アニマル・マゾか」と漫画の世界のように片付けてしまう方も多いでしょうが、これは完全にホンキ作品です。マユは実際にマジで裸、四つ足でニャーンとしかしゃべれず、ネコとして扱われる一生を送ることになりそうなのです。ご主人様が海外出張に出た時には動物託児所に預けられて恐ろしい日々を過ごすのでした。

なお前述の会社の中の境界線はR18ではありません。僕はネコであるは完璧にR18です。男子だった人がメスネコにされるということはどんなことなのかをしっかりと味わいたい方にお勧めします。

 

昔男性が支配していた世界(言い換えれば今は女性が社会を支配している!)

昔男性が支配していた世界

TS(MTF男性)の殆どが被虐嗜好というデータがあります。被虐には男性から奴隷女のように虐められたいというものと、女性から恥ずかしめられ虐められたいというタイプの2種類があり、女性からペットのように虐められたいという方が多いようです。

女性からの被虐というのはいわゆる「M男」と共通するものだと思いますが、女性から命令され、女性から肉体的にも辱めを受けることで快感を得るのはTSも同様です。

今日ご紹介するのは「昔、男性が支配していた世界」で、裏返せば「今は女性が世界を支配している」という意味にも取れます。これは動画ではなく小説(590円)で、以前にも書きましたが何度でも読めるし2時間浸りきれるのでコスパは動画より良いです。また動画に出来ない事(ありえない世界を描くということ)が出来るので、それはそれは恐ろしい(甘美すぎる)女性上位の世界に誘われるのです。

女性による無血革命は2016~2017ごろ起きるという感じで書かれています。米軍特殊部隊がイスラム国掃討のために特殊生物兵器を使います。これはロボトミー遺伝子と言って男性の脳から攻撃性を奪う遺伝子をイスラム国兵士に導入しようという非人道的な生物兵器です。あっという間に米軍がイスラム国を絶滅寸前まで追い込むのですが、ある時を境に米軍は完全にイスラム国のコントロール下に置かれるようになり、イスラム国は米国に無条件降伏を迫ります。なぜそうなったということは後でわかるのですが、ウィルスが変異して、男性の脳から攻撃性を奪うはずが、女性の脳の使われていない部分を開発する働きのウィールスとなり、女性のIQが数百(普通あり得ない水準)になるのです。

これ以上ネタバレさせるとクレームが入るので、ここから後は小説をお読みください。日本の女性もあっという間に感染し、初経を迎える頃には、女性は男性にはとても敵わない頭脳レベルになります。人間とサルぐらいの能力差となり、男性は自然に女性を敬い従う状況になるのです。

究極的な女性上位の社会への移り変わりを、主人公(TS?)の視点から描いた小説です。セックスシーンはほとんど出てきませんが、どんなエロビデオよりゾクゾクすること請け合いです。

「一般職になった男」は超ドMな方向け(男女の立場逆転)

妻の謀略による夫婦スイッチ(強制的女性化)

の記事を読んで興味を抱かれた方のために、夫婦スイッチのネタをもう一題ご紹介します。

一般職になった男

「一般職になった男」という小説です。題名の通り、男性社員が一般職に降格されてしまうというお話ですが、これでもか、これでもか、というほど運命の悪戯でどんどん堕とされます。

女性社長の慰み者にされるのはまだ良い方で(ネタをすべてバラすと面白くなくなるので省略しますが)、主人公を不法な方法で自分のものにした人物から「犬」としてペットにされ、1年以上も裸で首に鎖をつながれて、ワンワンと可愛がられるという、「ここまでさせても良いの?」と読んでいて心を痛めるほどの小説です。

最後には、ハッピーエンドと言えば非常にハッピーエンドな形で終わり、超ドMな読者なら「ああ、心休まる本を読めて良かった」と幸せな気持ちになるでしょう。超ドMでない読者は、少し割り切れないものが心に残るかもしれませんので念のため。

主人公と彼女は大学の同級生で、結婚を約束した仲です。二人の長期的人生設計を持っていて、子育てに愛情を注ぐのが大切だから、夫は会社に重きを置き、妻は家庭に重きを置く、と2人で決めて、主人公は総合職として、彼女は一般職として同じ会社に就職します。

しかし、経理部の一般職になった彼女が秀才で社内試験はトップ、TOEICも870点だったのに対して、国際事業部に配属された主人公の男性は、いわゆる凡人で仕事もパッとしないしTOEICは(国際事業部なのに)600点未満。 国際事業部に新任のエリート女性課長が着任し、主人公は「この男はダメだわ」ということで見切りを付けられ、優秀な人材を探した結果、経理部の彼女が候補に挙がります。

折悪く(折よく)会社が外資に買収され、アメリカ人新社長(もちろん女性)の能力重視、女性活用の新人事政策に乗っかり、運命の辞令が発令されます。 主人公の彼女は総合職に昇格し、国際事業部にスカウトされます。一方、主人公はどうなったかというと、丁度国際事業部の一般職女性が寿退職するので、「丁度適材適所」ということで、一般職に降格させられて寿退職の女性の後任になるのです。 つまり、主人公の彼女が、主人公の直属の上司になったわけです。

これからの世の中で、同期の女性の下で働くようなシチュエーションはそんなに珍しいことではなくなるのでしょうが、この小説の場合は別な突発的事情が出てきて、「一般職の服務規定の運用の厳格化」という事態になってしまいます。(その事情はネタバレになるので省略)。

それが何を意味するかというと、勘のいい皆さんは既にお分かりと思いますが、「一般職ならピンクの制服を着なさい」ということです。 ここまでは、公開されている第1章と、小説のタイトルからして想像できる範囲なのでバラしますが、ここまでで小説全体の4分の1ぐらいでしょうか。それから後は、前述の通りドMでないと耐えられないことが次から次へと主人公に襲い掛かります。
この小説は自分が大島薫ちゃんになったつもりで読むのが良いかもしれません。

男性が妊娠・出産する超ドMな世界

超ドMな小説は、どんなAV作品よりもドMです。理由は簡単:AV作品は実在の人物しか撮影できない一方、小説なら実在の人物では演じられない姿を見せることが出来るからです。その好例がこの作品です。
image
男性が妊娠・出産する世界
主人公が迷い込む世界は、男性が妊娠・出産する世界です。妊娠・出産するということは、受精しなければなりません。この小説の設定によると、男性が射精すると、精液の中に女性の快感物質が大量に放出され、その精液を受けた女性の卵巣から卵子がその精液の中に放出されます。その精液は男性の精巣(タマタマ)に逆流し、タマタマが受精するのです。受精したタマタマは男性の身体の中にある子宮ならぬ育宮に移動して、男性の股間は「竿有り玉なし」状態になります。育宮の中で2人の赤ちゃんが育ち、10月10日で出産するのです。

その世界は徹底的に女性が上位で、男性は18才以上になると教育を受けることが事実上不可能になり、知的労働をすることも不可能です。なぜか?それには非常にしっかりとした理由があるのですが、そこまでネタバレするとこれから読む人にご迷惑をおかけするかも知れないので、それ以上は書かないことにします。

主人公は普通の男性(大学生)ですが、ここまで超ドMな体験を続けると・・・・。読む人も必ずズルズルと引っ張り込まれるので、一度読むと、ノーマルではなくなるということを分かった上で読むことをお勧めします。

社長から特別臨時ボーナスをもらいました(春日由衣、破廉恥な女社長の特別ボーナス)

社長秘書の啓子から電話がかかってきた。

「社長がお呼びよ、すぐに来て。」

啓子とは2か月前から付き合っているのでツーカーなのだ。

僕はやりかけのメール処理を中断して席を立った。

社長は気が短いので有名だから、2~3分以内に出頭できないと大変なことになる。

トントン、と社長室のドアをノック。

「はいりなさい。」

「失礼します。」とドアを開けて、一礼して部屋に入る。

社長は社長の席の肘掛付きの椅子にふんぞり返って、靴を履いたまま足を机の上に投げ出している。

社長のスカートの中に黒いパンティがちらりと見えた。

鈴木君、XX商事の社長からさっき電話が入ったわ。

ドキッ。XX商事の女社長は昨夜、カラオケで接待したばかりだ。ずっと上から目線で僕を見下したように接してくるので、ババアのくせに偉そうにして、と心の中で毒づきながら接待したつもりだったのに、何かドジをしてしまったのだろうか。

うちの社長は厳しいから、これで僕も出世は望めないだろうな・・・・

鈴木君、ズボンを脱いでここに横になりなさい。

応接セットの長いガラスのテーブルの上に、ズボンを脱いで寝るように命じられる。

ああ、僕は何をされるんだろう。

社長は僕の両手両足を荷造りテープで、テーブルの四本の足に固定した。

気が付くと社長の手には大きなハサミが!

「お許しください、社長。」

社長はハサミを僕のマタに差し込んで、パンツを切り取る。

「パンツを先に脱がせるのを忘れてたわ、あっはっは。後で代わりに私のパンティをあげるから安心しなさい。」

「XX商事の社長が鈴木君のことをすごく気に入って、契約更新に同意してくれたわ。鈴木君の泣きそうな顔や従順さが気に入ったんですって。契約期間中は鈴木君がつきっきりで接待することが条件だから、今晩から頑張ってね。」

「は、はい。わかりました。」

「今日の午後5時には必ずXX商事の社長室に行きなさい。XX社長から何を言われても絶対に従いなさい。いいわね。たぶん当分帰してもらえないでしょうから、その場合こちらには出社しなくてもいいから。君の上司には私から言っとくわ。」

「もし土、日も返してもらえなかったら休日出勤扱いにするから、絶対にXX社長の言うとおりにするのよ。」

「でも、明日の土曜日は彼女とのデートの約束があって・・・」

社長は啓子に電話した。僕と啓子の関係を知っていたのだろうか。

「すぐ来て頂戴。」

こんな姿を啓子に見られたらどうしよう。

と思い煩う暇もなく、啓子が社長室に入ってきた。

「今晩から鈴木君はXX商事の社長に貸し出すからあなたとはデートできなくなるんですって。」

「わたしにはまったくそんな気はありませんから。」

きっぱりといって啓子は出ていった。

「XX商事の社長は超ドSと聞いてるから、今日は私が鈴木君に思いっきりやさしくしてあげる。特別ボーナスよ。欲しいわね?」

「は、はい。ありがとうございます。」

僕は啓子に振られて呆然となっていたので、社長の特別ボーナスをもらうことにした。

 

「社長、すごい、もっと、もっと・・・・・」

あまりの凄さに僕は気を失っていくのであった。

これはカリビアンコムの作品ですので、全編を見るにはカリビアンコムの会員になる必要があります。カリビアンコムの特徴や入会方法については詳細記事を書いたのでそちらをご覧ください。