カテゴリー別アーカイブ: M男・女王様

射精管理お姉さん佐山愛が優しく微笑みながら奴隷として絶対服従をM男に強いる

「射精管理おねえさん 佐山愛」のタイトルの通り、終始、佐山愛さんが優しく笑顔で接してくれる甘美な世界がここにあります。射精管理は、本質的に非常にハードな奴隷調教なのですが、殴る、蹴る、シバクなどの暴力を使わずに、女性が男性に対して絶対優位な立場で奴隷支配・調教する手法です。

女らしい佐山愛さんが優しく微笑みながら、飽くまで同意の上で貞操帯(左手にペニスキャップ、右に鍵)を装着してくれることで、佐山愛さんと僕の関係が「永久に」始まるのです。

佐山愛さんは僕に首輪をつけますが、飽くまで優しく微笑んでいます。首輪につけた鎖を乱暴に引っ張って言うことを聞かそうとするわけではありません。首輪は、「あなたは一生私の奴隷になることを約束したのよ」ということを僕が一時も忘れないよう、佐山愛さんが僕の首に着けただけです。

射精管理の鉄則は「僕はどんなことがあっても自分の手を使って射精してはならない」ということです。僕のペニスを刺激するのは佐山愛さんの手、指、足、オッパイ、穴(3か所)などだけです。ペニスはカバーで覆われているので自分で触ることは困難ですが、万一目を盗んで自分で射精した場合には恐ろしいお仕置きを受けるということが、当初の約束に含まれています。

射精しそうになると、佐山愛さんは絶妙のタイミングでフェラを止めて口を離します。

手コキも、オッパイはさみも、足で責めるときも、そしてオマンコに入れてもらった時も、ギリギリのところで寸止めされ、僕は狂いそうになります。特に苦しいのは射精の瞬間にペニスの根元を強く握られて、射精せずに終わってしまうことです。

「出していいのは私のオマンコの中だけよ」

と言いつけられますが、オマンコの中でもなかなか出させてくれないのです。

言葉でも、手でも、身体全体でも、佐山愛さんは僕が勃起して興奮するよう、普段から豊富なテクニックを駆使しますが、射精させないように寸止めするテクニックは更に優れています。僕は射精したいという気持ちと焦燥感がどんどん高まって、佐山愛さんにお願いするしかありません。

「条件付き」で許可してくれることもあります。

「毎週2回射精させてあげるという約束で貞操帯の管理を引き受けたけど、今、特別に私の口で射精させてあげる代わりに、毎週1回に減らすわよ。それでもいいのね?」

我慢できなくなって狂いそうな僕は「はい、お願いします」と言って、契約更改が成立します。

毎回、期限までは我慢できなくなって、どんどん延びていき、今では「3年に1回だけ射精させてもらえる」という契約になっています。

佐山愛さんがその気になれば、僕は射精できずに気が狂ってしまいます。

貞操帯のカギを外してもらえないまま可愛がってくれることがあります。アナル責めです。貞操帯をしても、ウンコはできるようにアナルの部分は開口していますから、佐山愛さんが指にジェルをつけてアナルに挿入し、前立腺を中心に責めるのです。それはチンコをしごくのとは別の快感で、じわじわと体が熱くなり、もう少しで射精しそうになるのですが、最後まで行くのは数回に一回です。

アナルはチンコより時間がかかるので、佐山愛さんがお風呂に入る間、僕は電動ディルドーを差し込まれたまま放置されます。右手首と右足首、左手首と左足首に手錠をはめられた苦しい姿勢で、お風呂のドアの前に転がされて待つのです。

時々、「逃げ出して自由の身になろうか」という考えが頭をよぎることがあります。でも、僕は佐山愛さんの奴隷でいられることが幸せの絶対条件と思っており、佐山愛さんの支配から逃れることは死ぬよりも辛いことなので、一生脱走することは無いと思います。

一昨日、佐山愛さんから新しい提案をいただきました。
「3年に1回を、週1回に戻してあげる。そのかわり、あなたは女の子になるのよ。毎日お化粧をしてスカートをはいて、生活しなさい。」

「そんな恰好では会社にも行けなくなるよ。」

「私の収入だけで十分養ってあげるわ。そのうちに女の子としてのお勤めを探してあげる。」

僕は返事することができませんでした。女装なんてしたことないし、いきなり女の子になれと言われても、想像がつきません。でも、いずれOKさせられることは分かっています。僕が射精をさせてもらえるのは3年後ですが、前回の射精から8日目になった今、僕は狂いそうなほどの状態です。もし、あと1週間射精させてもらえなかったら僕は完全に気が狂ってしまうに違いありません。

[・・・3ヶ月後]

僕が毎日お化粧をして女の子として生活するようになってから3か月近くが過ぎました。全身のレーザー脱毛をして、お肌もすっかりスベスベになり、お化粧のりもよくなりました。スーパーでのレジのパートにも慣れてきました。

佐山愛さんは、週に1回のペースで僕に射精をさせてくれます。スカートをはいたままでの電動ディルドーの後、ペニバンでアナル責めで射精するコツが身についてきたので、貞操帯のカギは着けたままです。

1週間ほど前から、ほとんど行きそうになった時にペニバンでのピストンを寸止めされていて、もうそろそろ射精させてくれないと、気が狂いそうです。チンコでの寸止めよりも、ペニバンの寸止めの方がダメージは深くて長いのです。

昨日、僕は新しい提案をもらいました。
「貞操帯を外して毎日可愛がってあげるし、寸止めは一切しないことにするわ。そのかわり、あなたはもっともっと女の子になるのよ。タマタマを取るだけのことだから。」

「去勢すると精液がなくなるから射精はできなくなるんじゃないんですか?」

「あなたは射精管理の苦しみから一生解放されるし、ドライエクスタシーで潮吹きさせてあげるから、今まで以上の恍惚と快感が得られるようになるのよ。」

僕は勿論、去勢しろなどと言われてハイと言えるわけがありません。でも、もう何日ももたないことは自分がよく分かっています。僕はあと1、2週間のうちには睾丸を手術で取られてしまうのでしょう。

ドライエクスタシーで潮吹きさせてくれるのも、他の人ではできませんから、射精管理されるのと同じような隷属関係が続くのでしょうか?いえ、おそらくタマタマが無くなると、射精させてもらえない時のような焦燥感や狂おしい発作は無くなるんじゃないでしょうか?それとも、ドライエクスタシー・潮吹きをさせてほしくて、僕は何でも言うことを聞き続けることになるのでしょうか。やってみないと分かりません。

でも、いずれ、次の提案があることは目に見えているような気がします。
「あなた、本当に女の子になるのよ。手術でチンチンのかわりにオマンコを作りなさい。」

無理してS痴女のフリをしてM男をいびるニューハーフ星野リオがいじらしい

ギャル系ニューハーフ・・・何と甘美な響きなのでしょうか!ニューハーフがギャル系に見えるためには、若く、そしてまだ男性ホルモンによって変化しきっていない骨格であることが必須条件です。

星野リオはそんな幸運に恵まれたニューハーフ女優です。M男達を弄びながら、ゆっくりとねっとりとM男達の身体に舌を這わせます。そしてフェラの後はM男達に一斉に寄ってたかって快楽の世界に飛ばされるのです。

そんなことって実際にあり得るでしょうか?私の知っているニューハーフは全員がMです。Sのようなフリをしてプレイをしていても心の中ではドMである方が自然です。

何故ならそれはニューハーフだからです。女になって虐められたい、くしゃくしゃにされたい、女のくせに、と言われて、支配されたい。だから女になりたかったというニューハーフが大半なのです。それを無理してS女役をやっていることがいじらしい。

そう思いながらこのAVを見るの面白いのでは。

S痴女ニューハーフのM男いじり 星野リオ

■出演者名 星野リオ
竿あり 玉あり 胸はスレンダー

エロいランジェリーが艶かしい超絶美女のニューハーフ女優 星野リオから可愛い大きめのクリトリスを突っ込まれてのアナルファックをされるとたまらないでしょうね。

名前も顔も可愛らしいNH女優 星野リオちゃんが少しずつ本当に快感をもって来て、喘ぎ声を出しお尻で感じてうっとり行ってしまいます。

ロングヘアーで華奢なニューハーフ美女や、ムチムチした日本的美人のニューハーフを楽しめます。

星野リオの気軽な感じも結構好きですが、そのレベルの女ならNHじゃない純女の方がいいよ、という声も周りでささやかれます。

すらりとしてぷよぷよ肌で巨乳という女が嫉妬しそうな完璧ボディのニューハーフ 星野リオ。

ペニス・ペニクリだらけで見せ場が多いですが、後方からアナルを犯されるシチュエーションが絵としては最もうれしかったです。

星野リオは豊満なスタイルで、なおかつ顔立ちが美人なので、動物的なファックになりふりかまわず浸っている姿がとてもいやらしくてドキドキします。

 

羽月希の「キャリア系OL M男社員スパルタ調教2」

M男を責めることが3度のメシより好きというサディスティックなヤリ手の美人女子社員が赴任してきました。

OLが男性社員をイジメる方法が百通りあるとすれば、その百通り全部を使って、ダメなM男をひとりひとり、言葉で屈辱し体を責めくだくのです。

この女子社員は154cm 88-60-84の小ぶりな美女、なぜ貴方がそんな小さな女性のいいなりにされてしまうのか?それはM男とS女が赤い糸でつながっていて、屈辱され、チンポとアナルを責められ、顔面騎乗でクンニさせられ、聖水をいただいた上で、二カ所同時責めで昇天させられる運命にあるからです。

羽月希にもっと犯されたいと思った方におすすめなのが「強制射精サークルの女たちに限界までヌカれた僕 」

こちらは、羽月希を含む5人の美女に吊るされて、皆で仲良く可愛がってもらえます。何度も何度も射精させてもらえるのです。

「僕は弱いからせいぜい3回どまりで・・・」

ご心配なく!

萎えてしまっても、バイアグラや前立腺責めで、立たせてくれます。

しごききった、出し切ったチンポを無理やり立たされ責め続けられて、地獄の苦しみを味わったという経験のある方はいらっしゃいますか?

まだならこの作品で疑似体験してください。

 

なお、DUGAはPPV(一本ごとに支払って見る)のが基本ですので、まずここをクリックして無料会員登録してください。DUGAの特徴や注意事項については当サイトの詳細な記事をご覧ください。

「ボクは24人の女子校生に犯られました」 集団レイプで犯す楽しみを知ってしまった小悪魔たち

あなたを犯すのはSM女王様でも巨漢女でもなく、普通の体格の女の子です。一対一なら簡単にはねつけられる女の子ですが、二人、三人と束になって来たら、いくらあなたより小さく弱い女の子でも、簡単には抵抗できなくなります。

24人の女子校生たちが、男を一人ずつ呼び込んでは、甘い言葉で、あるいは集団で押さえつけて暴行を楽しむのです。顔面騎乗してクンニさせ、チンポを大勢が歓声を上げながら眺めて嘲笑し、立たせてはしごき、しごいては止め、萎えたらまたしごき、じらし放題で、男に言葉と指とからだで屈辱を与えるのです。

レイプの楽しさを覚えてしまった24人の女子校生に屈辱と快感を与えられる2時間をどっぷりと味わいましょう。

 

なお、DUGAはPPV(一本ごとに支払って見る)のが基本ですので、まずここをクリックして無料会員登録してください。DUGAの特徴や注意事項については当サイトの詳細な記事をご覧ください。

違法性が疑われた「JC部活後ぺニバンレイプ 」のPV動画を削除しなかった理由

なんと「JC部活後ペニバンレイプ」という違法性が疑われるタイトルの作品です!

日本でも児童虐待の動画をネットで掲載すると罪に問われることになりました。JCは一般的には女子中学生の略語であり、女子中学生がレイプされる動画の販売は明らかに違法で、そのサンプル動画を掲載するこの記事自体が罪に問われます。

特に米国のサーバーを使う場合には児童虐待に関連する米国の法律は非常に厳しいので、何年も投獄されることになりかねません。米国で集団牢に1年もいたら、シャバに出た時点では巨根に支配される真性M奴隷に堕ちてしまい、壇蜜の批評記事どころではありません。

風俗営業法・児童虐待いずれも観点で見てもやばいとビビッて、書きかけの記事を削除しようとしましたが、待てよ、と思いとどまりました。

そもそも、女子中学生がレイプされる動画は違法ですが、女子中学生が成人男性をレイプする動画は違法ではないのではないか?というのが、思いとどまる根拠のひとつ。

次に、JCというのは中学の名前とかであってJCという略号を見て女子中学生と思い込むオマエがエロなんだ、という制作会社の言訳。(まあ、それはそうですね。)

さらに、女子校生役の女優は幼く見える女優を集めただけで実は全員18才以上だよ、ということ。そりゃそうですよね、AV会社も当然罪に問われないようにしていますよね。

そう思って、もう一度PVやらサンプル静止画像をよく見ると、確かに、本物の女子中学生ほどには肌がピチピチしてないように見えます。小柄で幼顔のAV女優にブルマーをはかせたら中学生に見えたというだけのことかもしれません。

それから、この女子中学生たちは先生のアナルマンコをぺニバンで突きまくるのですが、彼女たちのペニスはブルマーから突き出ており、陰部は一切見せていません。

PVの中でファックされている男性は先生で、静止画サンプル画像は中学生男子ですが、この中学生男子の顔をよく見ると、成人のようです。女子中学生の制服を着せられて短いスカートをまくりあげられ凌辱される姿・顔にごまかされますが、これは明らかに18歳以上の男優を使っているのですね。

ストーリーとしては、男性教師が、つい出来心で運動部の女子の部室に忍び込んでロッカーを覗いていたら、折り悪く(折よく?)女生徒たちが帰ってきて、ぼこぼこにされる、というお話しで、先生は、無理やり女子の制服を着せられ、「言う通りにしないと皆に言うわよ」と、脅されて、女生徒たちの遊び道具にされてしまうのです。

なぜか女生徒たちは全員が巨大なペニスバンドを持っていて、先生はアナルを指責めだけでなく、手慣れた感じでアナルファックピストンで輪姦されることになります。しかも口ではイラマチオという、前にも後ろにも引けないとはこのことか!

女生徒たちに取り囲まれて、かまってもらったら、嬉しいでしょうが、私はロリコン趣味は全くないので、女子中学生に屈辱的に扱われ、集団で強姦されて射精させられても、大して感じないというか、実際にそんなことになったら、嫌悪感とリアルな恐怖感(最近の子は怖い)を感じると思います。

でも、実は、ブルマーや制服で女子中学生の役をしているのが大人の女性で、そんなコスプレ集団が私を襲って仲良くしてくれたら・・・と思うと、それはドキドキものです!

若干複雑な理屈ですが、自分はノーマルだということを改めて実感したという一件でした。