射精管理おねえさん 青木玲

射精管理おねえさん 青木玲

「射精管理おねえさん 青木玲」という作品ですが、射精管理とは何かご存知ですか?乱暴に罵られ、蹴られ、ペニスやアナルを責めたてられるのもM男の喜びの一形態ですが、美しい女性から甘い言葉で優しく支配される有効な方法が、この射精管理です。

暴力ではなく「合意」からスタートできるのが射精管理のメリットです。まず最初に、M男は支配者である美しい女性に射精管理していただくことを合意するのです。支配者はM男に貞操帯をつけて施錠します。

貞操帯にも種類がありますが、貞操帯をつけていると、女生との性交ができません。さらに、オナニーもできないようになっているタイプの貞操帯が、射精管理用に向いています。もっと厳しい貞操帯では勃起ができないタイプもあります。

貞操帯をいつ外すかは、鍵を管理している支配者の意思に100%ゆだねられています。

美しく優しい青木玲おねえさんの場合、一か月間はM男に射精させるつもりはありません。3日すぎるとM男には焦燥感が出始め、精嚢が張ったような気分になりイライラし始めます。5日すぎると射精したくて眠れなくなります。何とか貞操帯のスキマから亀頭・カリを刺激してオナニーしようとしますが、うまくいきません。

支配者とM男は、最初の段階で「勝手にオナニーしてはいけない」という合意(契約)が成立していますから、その約束を破ったM男には当然のようにお仕置きが待っています。

約束を破らない限り、美しい青木玲おねえさんが優しく射精管理してくれます。

「かわいそうね。もう一日我慢させたら、あなたは気が狂うわね。気が狂って、メス犬のように悶えながら、射精させてくださいと懇願するでしょうね。」

「乳首をこれ以上刺激したら、あなたは泣きわめくしかなうなるわ。かわいそうね。」

M男の頭をなでながら、優しい言葉で暗示されると、M男は本当に言われたとおりになってしまうのです。

女王様のような振る舞いではなく、美しくか弱い女性が女っぽく喘ぎながら手コキやオマンコでペニスを責めてくれます。でも、それは100%支配者の意思による完全支配であり、M男は本能的な欲求を完全支配され、絶望的な気持ちで、どんな命令も聞くことを望むように誘導され追い込まれてしまうのです。

約束を破ると「イッていいのはお尻だけ」とペニバンで激しくピストン攻撃されたり、寸止め地獄を味あわされたり、支配者は寛容さを失います。

完全女性主導で精神的にも肉体的にも完全支配される、でも蹴ったり殴ったり鞭やロウソクなど野蛮な凌辱とは無縁という世界、これはまさにあなたの求めていたものではないですか?


サンプル動画を見まくるにはメルアドと年齢だけで無料登録!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする