結婚前夜のニューハーフ花嫁が身も心も捧げた儀式とは

結婚式の朝、三つ指ついて両親に向かってこう言うのがニューハーフになった私の夢でした。

私は今日お嫁に参ります。

お父さん、お母さん、今日まで私を育ててくれてありがとうございました。

私は、お父さんとお母さんの子供でいられて幸せでした。

結婚式当日の朝だとお化粧が崩れてしまいますので、前夜はリハーサルのつもりで純白のウェッディングドレスを着て、きれいにお化粧をして、両親を前にしたこんな儀式に臨むのです。お化粧をするといっても目から涙が溢れるのはどうしようもないので、マスカラは使わないことにします。

お母さんは、花嫁衣装を着るはずのなかった息子が、こんなに綺麗になって、若い時の自分と同じように花嫁になることを嬉しいと思ってくれているようです。

お父さんは、カミングアウトした時には「男がスカートはいて何がうれしいんだ」と激怒しましたが、私が実家に帰るたびにおっぱいの透けた超薄手のキャミソールを着て、時々お父さんがいるのに気が付かないふりをしながら美乳をはだけたまま髪を梳いたりして、徐々に慣れ、昨年の暮れあたりからは、敵意を顔に見せなくなりました。

お酌をするときに、胸を押し付ける格好をしたり、何かにつけて気配りを繰り返すうちに、お父さんは私を娘として認めてくれたようです。結婚は喜んでくれましたが、私が嫁に行ってしまうことは寂しがってくれているようです。

この作品ではニューハーフの月野姫が男性と結婚し、結婚式場では誓いのキスに誓いのフェラ、そして誓いの連結アナルSEX、二人は永遠の結合を神に誓います。結婚前夜から暴走するドラマで、節操がない花嫁です。息子を謀殺したおっぱいでお父様ご自身を包んで差し上げれば歓迎されること間違いなし!でも、花嫁にあるはずのないものをお父様のアナルに挿入するのはちょっと問題がありそうです。

実の父親にも同じことをして差し上げたいところですね。娘として生まれてお父様ご自身をオマンコに入れて差し上げるのは遺伝学的にも大問題ですが、アナルマンコなら近親相関とは言えませんね。


サンプル動画を見まくるにはメルアドと年齢だけで無料登録!