「強制女装」タグアーカイブ

動画 人事部人材リサイクル課 女装レズ係のOL「男性社員はスカートを着用する事」

男性ダメ社員を強制的に女装させOLとして活用する会社があるのをご存知ですか?まずはサンプル動画をご覧ください。

 

今はアベノミクスで多少持ち直していますが、 65才定年になって会社に人材が余り始めると再びリストラの嵐が始まるかもしれません。そんな厳しい社会で人事部に「人材リサイクル課」を持つ会社があるとは、非常に前向きですね。

リストラではなくリサイクル。人間誰でも思い通りにいかない時期があり、切り捨てられるかわりに、人材活用=リサイクルを考えてくれれば助かります。是非そんな会社に就職しましょう。

しかも、人材リサイクル課はすらりとした高身長の美人ぞろい!本来は他の部署で見捨てられた男性社員が配属される所ですが、高身長美人フェチの僕としては自ら配属を希望してもいいぐらいです。

しかし、人材リサイクル課の2係には(配属されるまでは知らされないのですが)少しユニークな規定があり、新人は毎朝これを言わされます。

  1. 男子社員は必ずスカートを着用する事。
  2. 下着はブラジャーとパンティーを着用する事。
  3. 女子社員は朝礼で男子社員の服装をチェックする事。必要に応じてボディチェックも行う。
  4. 男子社員は服装チェック・ボディチェックをいかなる時も拒否してはならない。
  5. 男子社員は女子社員からの指導を拒否してはならない。

人材リサイクル課の美人社員たちは、配属されたダメ社員を指導するという本来の仕事以外にも、指導しようかな、と思ったら、テキトーに引っ張り込んで指導対象にするという特権もあるようです。

エレベーターに全身セクシーなモデルボディの女子社員が乗りこむのを見た僕は、閉まりかけたドアに手を差し込んですべりこみ、同乗する喜びを味わいます。普通は嫌がられるのですが、今日は今年一番のラッキーな日で、にっこり微笑まれて、僕は女子社員の所属する人材リサイクル課2係の部屋にノコノコとついていってしまいました。

僕はあっという間に服を脱がされ、女子社員の服装を着せられてしまい、2係の「指導」が始まります。

高身長美人に挟まれて、ドキドキします。このまま毎日指導してほしい気持ち。

この後、服を脱いで二人が身に着けてる下着を取り換え、下着姿で立ったままレズプレイするシーンが超刺激的。

「規定には書いてないけどお化粧は当然完璧にするのよ。」

リップを犯すようなセクシーな手つきで教えてくれます。

規定通りのボディチェック。

細部の機能点検も含まれています。

「お客さまと話すときは何があっても笑顔のまま。」

僕のスカートの中に頭を突っ込んで、ペニスをがっちりくわえたまま離してくれません。

ロッカールームでの指導も、

フェラの楽しみ方もやさしく教えてくれました。

規定に書かれていないことにも指導範囲がどんどん広がります。

そして・・・

タイトスカートをはいたときの裏地の気持ちよさも初めて教わりました。

スカートの裏地でしごかれ「私のお口とどちらが気持ちいいのかしら」と聞かれてタジタジ。

ヒールで股間を責められることに喜びを感じるようになってしまった僕・・・・

前の部署では上司に理不尽な命令をされてムカムカしていた僕ですが、女子社員の命令には絶対に従うことが当然の2係では、理不尽な命令をされるほど、喜びを感じるようになるのです。定年までずっと2係でいさせてほしい・・・

さてさて、女子社員のプロフィールを見てみましょう。

  • 一ノ瀬ルカ 168cm 93-56-88 Hカップ 28才 2係
  • 木崎 実花 165cm 86-58-88 Eカップ 24才 1係(ルカの友人)
  • 藤沢未央 168cm 86-63-89 Dカップ 36才 2係

高身長美人という設定ですが、このサイトではニューハーフ女優のプロフィールに慣れているので、平均的な身長に見えてしまいます。ヒールの高さでごまかしていますが、170~175㎝の女優を集めても良かったような気がします。

3人の中では、僕をエレベーターで虜にした一瀬ルカの168/93-56-88 Hカップボディがスペック的に飛びぬけています。こんな子を見たら、そりゃあどこでもノコノコついていきますよね!

それにしてもこの作品は、2時間余り浸りきれますし、このカテゴリーで1番のお勧めです。

逆転夫婦の性生活、妻の謀略による夫婦スイッチ(強制的女性化)

妻にバカにされると勃起する、というわけですが、もっと直接的な、妻の謀略による夫婦スイッチ(強制的女性化)の作品があります。妻から「あんたは男として働くには向いてないわ。夫婦が入れ替わって、あんたがわたしの奥さんになるべきよ。毎日きれいにお化粧をしてスカートをはいて、ご飯を作って私の帰宅を待ちなさい。」と勝手に決断されて、(そんなことは何も聞かされないままに)妻の謀略により、大勢の前で奥様デビューさせられる、という作品があり、かなりビンビンになりました。但し、これは動画ではなく、小説です。

このサンプル動画の作品は、「M夫の歓び 逆転夫婦の性生活」というタイトルで、

妻に罵られ、バカにされ、ダメ夫のレッテルを貼られてしまうことが…たまらなく心地よく、気がつけば勃起していたわたし。責めれば責めるほど魅力的な妻、責められれば責められるほど感じてしまう自分。

というイントロつきです。

妻の謀略で無理やり夫婦の役割を交換させられた主人公が数か月後に鏡の前で裸にされたシーン:

「痛いわ。乱暴しないでよ。」
僕は胸を両腕で隠しながら抗議した。
「鏡を見ろよ。こんな身体で男に戻れるって本気で思ってんのか。」
「最悪、手術で胸は元に戻ると言ったじゃない。」
「胸だけの問題じゃないだろう。鏡を見ろよ。ほら、このケツも、顔も、腹も、体型も何もかも。男になれると思ってるのか。非現実的だよ、全然。」
由香は自分も服を脱いでパンツだけになり、姿見の鏡の前で僕を隣に立たせた。
「ほら。これが男、それが女だ。胸だけじゃなく、肌もケツも筋肉も全部違うんだ。」
由香の身体が昔よりも筋肉がついて男性的になったのは分かっていたが、客観的に二人の体型を比較したことはなかったので、僕は鏡の中の二人を見て唖然とした。由香の言う通り、鏡の中の由香はバランス良く筋肉のついた精悍で素敵な男性の身体で、その横に立っている僕はだらしない尻をして、胸の前で組んだ両腕から重すぎる乳房が見え隠れする、如何にも女という感じの体型だった。

これは小説「由香の場合」から引用したもので、挿絵等は一切ありませんが動画やアニメよりも、興奮させられます。画像よりも文章で興奮するというのは不思議ですね。想像力から得られる情報の方が動画などの画像を上回る場合があるということでしょうか。

 

強制女装、女人化ラーメンを食べると女になる?

女人化研究所の強制女装シリーズでは非科学的に簡単に女体化してしまいます。
女人化ラーメンを食べるだけで美しく女体化できるのですから、日本中のニューハーフをお客様にして大儲けできますね。


サンプル動画を見まくるにはメルアドと年齢だけで無料登録!

その場合、激震が走るのはAV業界です。ニューハーフが完全に純女になってしまうので、「昔の」ニューハーフ作品がプレミアム付きで売れるようになります。ニューハーフ作品の新作がなくなってしまうのです!

一方、こちらは科学的な強制女装作品「美少年強制女装屈辱アナル絶望アクメ 風香」です。

イケメンをいいことに女の子をやりまくる暴力男性が麻酔を嗅がされて「男性女体化研究所」に連行されて、強制女装させられ、緊縛されて女体化・女性化の激しい調教・拷問が施されるのです。

女の子たちに対する悪行の報いとして自分が女の子にされて拷問されるというストーリー。当初は「男」だった主人公の性格が本当に女に変わっていって快感を示すようになるのが見どころです。

男の娘が堕ちて転落する女装物語

一般男性が女装をきっかけに転落の人生を歩み、男の娘と蔑まれ、どんどん堕ちていく、などと聞いても、「単なるアダルトネタか」とか「オナニー用の妄想か」と思うでしょうね。ええ。ほとんどの場合はそうなんです。でも、何かひとつ歯車が狂うと、普通あり得ないことがひょっこりと起きてしまいます。そして一度転落が始まると、自分が何もしなくても、どんどん転げて堕ちていってしまうんです。気がついたら、もう決して引き返せない・・・

「人生いつでもやり直せる」ですって?それはちょっとしたミスや間違いの場合ですよ。
一度男の娘と呼ばれるようになると、友達の会話や、ツイッターや、ラインで、過去に自分を知っていた人の大半が、知るようになるまで、何日もかかりません。面白いネタですから、すぐに飛びついて、あることないこと書かれてしまいます。
普通に男性の服装を着ていても、「パンティはフリルのついた黒だろう」とか「セーターの下のブラはストラップの無いやつかい」とか質問されて、「ジョークだよ」と言われます。そいつはジョークのつもりでも、こちらは耳の付け根まで真っ赤になってしまいます。
それに、女の子が自分を見る目ががらりと変わるんです。女の子は男性に対しては「よそ行き」の態度で、少し高い声で話しかけたり、上目づかいに見たり、自分自身を可愛く見せようとして色んなテクニックを使っているんです。(気づかずに自然とそうしている場合も多い。) それはひと口でいうと「男性への敬意」をそれとなく示すことで男性を惹きつけようとしているわけです。
ひとたび男の娘と認識されると、「敬意」が全部なくなります。経験した人でないと分からないと思いますが、その差は驚くほどなんです。以前話しかけにくかった女性、話しかけてくれなかった女性が気軽に接してくれて、一瞬うれしくなることがありました。でもぬか喜びだったことはすぐにわかります。その女性たちの目には、自分より劣る存在への蔑みと憐れみが隠されているのです。
転落ってそんなものです。社会的な転落が来るのは、その後のことです。
ちょっと女装して人に見られたぐらいで「男の娘」と言われるわけではありません。それぐらいなら言い訳もある程度はできるし、時間が過ぎれば大半の人は忘れることでしょう。
意外と思われるかも知れませんが、転落する男の娘の大半は、騙されたり、脅されて強制的に女装させられ、公衆の面前に晒されて、その場でそれは自らの意思でやったと発言させられるような立場に追い込まれるのです。ヤクザでもなければそんなことは出来ないだろうって?いいえ、簡単ですよ。お化粧させられて、フェラを強要されるのが普通です。言うことを聞かないと玉ヌキして売り飛ばすと脅されました。おいしそうにうれしそうにフェラをして恍惚とした表情をさせられます。気がつくとビデオに撮られていて、次はそれをばらまくぞと言われて、浣腸をされた後で、アナルファックされるんです。
その後で「今日は帰っていいよ」と言って、本当にうちに帰してくれました。「ああ、これで地獄から逃げられる。」と思うのは一瞬のこと。
帰るときに「明日の3時にこの洋服を着て、この場所に来い。」と言われたのです。「もし来なかったら、恥ずかしいことになるのは分かってるな。」
翌日3時に来ると、もっと恥ずかしいビデオを撮影させられ、乱暴はされませんが、「今日はその服のままで帰って、明日も同じ格好で3時に来い。」と言われます。
「そんなことしたら皆に知られます。絶対にいや。」
というと、「じゃあ、お前の本名のままでAVを売るしかないか。」と脅されて、「完璧に化粧したら友達にも分からないよ。」となだめられました。
その時点で、以前の自分の人生とはお別れです。転落シリーズのAVは好評で、3か月ほどしてネタ切れになると次は「さらなる転落」を撮るために、玉を抜かされるんです。女性ホルモンは肌つやを良くするために撮影開始から間もなく始めていますが、玉がなくなるとどんどん女らしさが進んで、1年もたつと、元男性とは誰も思わない体になっています。

単なる女装や女性化じゃなくて貫かれる快感を女として悦ぶように調教してあげる!と申し渡された


とてもドキドキさせる画像をFlickrで見つけました。これはPublic Domainの画像なので転載しても大丈夫です。この顔で英語で言われていることを想像してみてください。一応和訳しておきます。

「私に女性化させられることに同意したわよね。だから合意した通りに振舞うと期待してるわよ。既に言った通り、単に女装をするということじゃないのよ。自分の体の中に挿れられたペニスの感覚を愛することを女のように愛することをこれから教えてあげる。」

***


美少年の風間は女には不自由しなかったが、中身は最悪のDV男だった。密告を受けた男性女体化研究所は風間を拉致し監禁する。風間は女装させられて風香という名前で強制的な女性化を施される。最初は不本意だと感じていた風香だったが、繰り返し女としての快感を味わって、激しいアナル攻めをしてほしいと感じるようになったのは当然の流れだったのかもしれない。

それも普通のペニスにアナルを貫かれるだけではなかった。電マではなく、電動ドリルに貫かれた時、風香は倒錯的な快感に目覚めて激しくもだえるのだった。