ニューハーフ女医が秘密の診察室で猥褻痴女行為の限りを尽くす


サンプル動画を見まくるにはメルアドと年齢だけで無料登録!

「黒パンストが似合う美人ニューハーフ女医 彩乃彩」という痴女の女医のエロ動画作品です。

ところで「痴女」の意味をご存知ですか?私は当初「バカな女」のことを痴女というのだと思いこんでいましたが、それは間違いであり、男性の痴漢に対する言葉として女性の痴女というのがそもそもの語源だそうです。「痴漢女」というわけですね。業界用語としては単に「常軌を逸するほどに猥褻行為を好む女性」というだけでなく、女性が主導権を持ち積極的にプレイを進行させる場合を「痴女」のカテゴリーに入れるようです。

この作品の女医は、まさに痴女という言葉の通り、「痴漢医師」行為を、主導的に行います。診察と称して患者をベッドに寝かせ、服を脱がしてフェラを始めるのですから、確かに常軌を逸していますね。

更に常軌を逸しているのは、自分でペニクリを取り出して患者の男にフェラさせるということ。これが無いと、この痴女の女医がニューハーフであることを忘れてしまうところでした。

「玉ナシ痴女」と呼ぶ方が誤解を避けられそうです。

この女医は何科のお医者さんでしょうか?精神科?泌尿器科?それとも婦人科じゃないでしょうね?

多分精神科医です。患者はパンスト症候群という難病にかかった男たちです。パンストを見ると無性にセックスがしたくなるという病気です。ニューハーフ女医の「彩乃彩」は悩める患者たちを救うため村中の男達を診察して徹底診断するのです。勿論美脚むき出しのパンスト姿になって患者を挑発して、念入りな触診をすると、患者はギンギンになります。そして射精機能を確認する濃厚アナル性交! ところがニューハーフ女医なので、それだけでは終わりません。女医の方から患者のアナルにペニクリを逆挿入し、治療薬をピストン注射することでやっと患者たちは癒されることになるのでした。


サンプル動画を見まくるにはメルアドと年齢だけで無料登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください