射精管理によるM男の完全な奴隷支配

このサイトに掲載されている動画は、ほぼ全部がフィクションの世界での「プレイ」としての支配・被支配、加虐・被虐を撮影したものです。

実際に一人の女性が一人のM男を奴隷支配したいと考えた場合、どうすればよいでしょうか?首輪、手かせ、足枷などをつけて、電気ショック装置を活用したりして、M男を拘束しようとしても、M男が必死にもがき、工夫して、わずかな隙を狙って逃げれば、体力的に優位な男性は、奴隷支配状態から脱することができます。さらに、反撃を加えることも可能です。

拘束を続けることが絶対に不可能とは申しませんが、相当困難であることは確かです。特に、ある女性が、自分の夫を奴隷にして、働かせながら思い通り奴隷として支配しようとすれば、肉体的自由を与える必要があります。

そうです。現実の社会では、奴隷に相当な肉体的自由を与えなければ、長続きしないのです。

そこで浮上してくるのが「射精管理」という方法です。男性の射精欲の管理により肉体を一時的に支配し、精神的支配につなげ、その精神的支配をさらに肉体的支配に活用するという非常に効果的な方法なのです。

支配者は貞操帯の鍵を預かる者(Key Holder=KH)として、M男の射精を管理します。当初力ずくで(睡眠薬などで眠らせて)M男に貞操帯を取り付ける場合もありますが、通常は両者の合意により、KH対M男の関係がスタートします。

貞操帯は元々妻が夫の留守中に他の男と交わることをできなくするための金具です。KH対M男の場合は、M男がKHへの愛の証として、他の女性との性交やオナニーによる射精を不可能にします。二者間の愛の誓いと、M男がKHに支配されることを願望すること(マゾであること)がベースとなります。

通常は、貞操帯の管理について、詳しく合意し、「管理契約書」にサインすることもあります。管理契約の基本は「貞操帯をいつ外して射精を許すかは100%支配者KHが判断する。」というものです。

貞操帯にはさまざまな種類のものがありますが、ポピュラーなのは、上の画像のようにペニスを下向きに挿入して固定し、筒の先から放尿できるものです。(座ってしかオシッコできない。)

この筒はペニスが自然に勃起した場合のサイズより少し小さく作ってあり、普段はペニスがぶらぶらと筒の内壁にぶつかり、勃起すると締め上げられて痛いように設計されています。下を向いているので、勃起が苦痛となり、「朝だち」も苦痛になります。

男性は普通、射精後3日間で精巣に精液がいっぱいになり、それ以降、貞操帯を外してもらえないと、毎日射精したくなります。ウズウズ、ムラムラとして、居ても立っても居られないほどの焦燥感が出てきます。当然、射精させてくださいと支配者に懇願します。

支配者KHは、「気が向いたら」射精を許すことができます。もっと絶望的になるまでじらすこともできるし、M男が特別な命令に従えば(例:さらに厳しい管理契約に変更する、足の裏をなめる)射精させることもできます。要するに、100%KHの気分次第なのです。

M男が我慢するのを支えてあげるふりをして、乳首やアナルに快感を与えることもあります。そうするとM男は射精欲がさらに高まり、焦燥感・絶望感でどうしようもなくなるのです。

貞操帯を外した時には、M男は自分がペニスに触れてオナニーすることは厳禁です。万一そうした場合の厳しい折檻については管理契約書に書かれています。支配者KHが手コキや、フェラや、それ以外の穴を使って射精を与えてやるのです。

その際には「寸止め」のテクニックが多用されます。射精しそうになったら動きを止め、手指を外して、射精を回避します。何度も何度も寸止めでM男を狂わせ、最後の最後に射精を許します。射精の直前に、ムチ、顔騎、顔踏みなどで苦痛を与えた上で射精を許すと、支配される喜びが高まると言われています。

射精を許した後、連続射精を命令することもできます。長期間射精できなかった場合、一回の射精では抜けきれませんから、複数回射精させるべきです。ただ、無理な連続射精を命令することがポイントで、電動オナホールなどの器具を活用し、M男がやめてくださいと許しを乞うまで続けさせるのです。

再び貞操帯を付けられたM男はさらに従順になります。支配者KHは少しずつ命令を厳しくして、折に触れて顔を踏みつけたり、足の裏を舐めさせたりと、回数や程度を上げていくことにより、M男の精神的な奴隷化が徐々に高まります。

M男は普段は自由に行動することが許されていますが、他人の前で服を脱ぐことはできず、トイレも座ってしかできません。またトイレに行くなど折に触れ自分が貞操帯により奴隷管理されている身であることを思い知る機会があり、被支配の意識は徐々に高まるのです。

訓練すればアヌスから前立腺を責めることで射精できるようになる男性もいます。(個人差があり難易度は高いようです。)そのような男性の場合は、ぺニバンでアナルを犯すことにより射精を与えることができ、支配者KHの優越性が非常に高いものとなります。

支配者KHはトライアルアンドエラーにより、支配テクニックを高めることができます。飼い犬をしつけるのとおなじように、罰とご褒美の方法、趣向、タイミングや程度を色々工夫し、M男の被支配願望を高めていくのにベストな方法を模索するのです。ペニス以外の体の部分で快感を与える方法は、ご褒美でありながら、射精欲を高め、勃起による痛みを与えるので、非常に有効な方法です。

射精管理は「射精を与えるのは支配者KHの気分で100%コントロールされる」という一点によって、罰をご褒美に変え、ご褒美を罰に変えることができ、肉体的支配と精神的支配が相乗的に好循環して、支配・被支配が時の経過とともに強化されていくという、決定的なM男調教方法といえるのです。



サンプル動画を見まくるにはメルアドと年齢だけで無料登録!