人材リサイクル課女装レズ係の懲罰研修で女子校生にされて出直し

「女装レズ学園 あなた達全員女子校生からヤリ直し!! 人材リサイクル課 女装レズ係 4」のご紹介です。当サイトでの訪問者数ランキングのトップは「人事部人材リサイクル課 女装レズ係」の関連の記事が常連を占めています。人事部人材リサイクル課 女装レズ係のOL「男性社員はスカートを着用する事」 強制女装でOLにされて数年後に「まゆ」が味わう恥辱 などですね。

今回の動画は特に使い物にならない社員を、「高校から出直して来い!」というわけで、懲罰的に社外研修させるわけですが、研修で成果が上がらないといつまでも高校から会社に戻らせてくれません。

勿論、高校生になるということは、セーラー服を着せられて制服姿の女子高生になるわけです。これ、当然!

人材リサイクル課の先輩社員で、人材リサイクル課シリーズを支える長身AV女優の新山かえでが女子校の女教師、中野翔子は、劣等男子社員の女子校生としての研修を手助けするための「同級生」として一緒に派遣されます。中野翔子は授業中でも、トイレに行くときも、食事時も、ずっと劣等男子社員の研修を裏で支援しているわけですが、中野翔子はあくまで「黒子」であり、新山かえでは「見て見ぬふり」をするのが今回のAVのポイントです。

新山かえでは身長168センチ93-58-88のHカップという、ニューハーフが憧れても届かないボディの真性女性です。アンダーバストが細いからHカップでも93センチで収まるわけであり、普通のニューハーフがHカップ巨乳に豊胸すると、バストが1メートルを超えてしまって巨乳というよりは巨獣になってしまいそうです。

中野翔子は155cmと小柄で82-58-84の女の子らしい体つき。多くのAV作品に出演していますが、殆どが助演女優としての出演です。単独出演(主演)作品としては、従順すぎるいいなりな貧乳シリーズで1本と、戦隊ヒロインVS悪の女幹部シリーズでの出演が1本あるようです。殆どの場合、辱めを受ける方の役が似合う女優ですが、人材リサイクル課では劣等男子を虐待する側に立って頑張っていますね。

女子校生になった劣等男子社員は、同級生の中野翔子に何をどう触られよう緒がしごかれようが舐められようが、真面目に授業を最後まで受けないといけないのです。それができないのなら、会社には返してもらえませんから、一生女子校生のままになりますね。でも3年たったら卒業して、その時点で会社に帰れなかったら・・・・。僕は一体どうなるの!と心配しながら感傷に浸ってください。

ゆきのあかりの勢いが止まらない!変態家族の養子になって女の子にされてしまった僕

「ゆきのあかり」主演の作品ですが、ゆきのあかりは両親を失い新たな家族の元へ養子として引き取られます。そこでは変態一家がゆきのあかりを出迎えます。女の子がほしかった両親はゆきのあかりを女性に変えようと考えます。ゆきのあかりは身も心も女の子にされてしまい、性のはけ口にされるのでした。

  

自分が養子に引き取られて、可愛いワンピースにロングウィッグの姿で新しい両親のもとで可愛がられるところを想像してみてください。でも、この動画のようにうまくはいきません。

この動画がこんなふうにドキドキ動画になるのは、ゆきのあかりが可愛すぎるからです。ゆきのあかりは生年月日1994年6月22日で現年齢 21になったばかり。170センチ、90 – 64 – 88 cmでEカップという素晴らしい肢体だから、こんなふうに上手く事が運んだのです。

ゆきのあかりは2014.7より 専属契約 レアル・ワークス専属となっていますが、デビュー作は「フル勃起ニューハーフ」で2014年2月6日発売でした。

170cm Eカップ 90-64-88の自然に豊満なボディと優しい女性らしい顔で「これはいける」と数本のAVが立て続けに発売されました。7本目の「ままはニューハーフ」では人妻役で義理の息子と出来てしまう(やろうとすると、あるはずのないものが・・・)というものですが、いつでも人妻になれるエロ癒し系の笑顔が印象的でした。

2014年秋以降に人気絶頂の美女ニューハーフ大島薫とのデュオ共演のAV発売もあり、大島薫に負けない肢体でスターダムにのし上がってきました。

当時のトップスターになっていた大島薫とデュオで出演するほど人気になったわけですが、最近の勢いは凄いです。大島薫に負けない人気で、毎週のように新しいAVが出るという凄い人気になりましたね。
健康的で無理に絞っていない優美な体がゆきのあかりの魅力だと思います。

スカートの男たち

スカートの男たち

静岡県のある都市の市役所で男子職員のスカート着用を推進するプロジェクト「スカート男子プロジェクト」がスタートしました。市長は女性の地位向上に実績のあるやり手の人物で、その市役所は女性管理職比率も全国有数の先進都市です。

東京の会社を辞めてU-ターンし市役所に臨時職員として勤め始めた23歳の男性が、たまたまスカート男子プロジェクトの担当者に指名され、奮闘するというストーリーです。勿論、これはフィクションですが、非常に真実味のある小説で、主人公が家族の支援を受けながらスカート通勤を開始し、市役所の中でも苦労しながら難関を乗り越える姿が感動的です。

スカート男子プロジェクトは市全体を巻き込むプロジェクトとなり、その市では「スカ男割15」(スカートをはいた男性が同行していると、飲食代が15%割引になる)のレストラン・食堂が続出します。主人公はスカート男子プロジェクトの旗手として市の有名人になり、大勢の女子高生に待ち受けされるほどの人気ものになるという爽快なお話です。

でも、いろいろ副作用も出始めて.....。

詳しくはこちら ===> スカートの男たち: ある地方都市の社会実験 

阿波踊りに魅せられて徳島に踊りに来ました・華舞遊

3年ほど前に徳島出身の女友達に誘われて彼女の「連」に参加させてもらい阿波踊りを初体験しました。編み笠を被ると誰でも美人に見え、両手を高く上げて、つま先立ちで左右の膝を交互に内またで前に進めるのが女踊りです。2時間ほど練習して、何とか連のメンバーと動作をあわせられるようになりました。一見なんでもなさそうですが「桟敷」と呼ばれる演舞場は200m程もの長さがあり、全身運動を20分以上も続けることになるので、演舞場を一つ通るとヘトヘトになります。

笠で顔が隠れているので、ニューハーフの方たちも(細身なら)女性に見えるので人気があるようです。

さて、阿波踊りは「型」がしっかりしいる踊りだと思いますが、バリエーションも驚くほど広いです。女踊りで私が一番好きなのが「華舞遊」という連の踊りです。ぎくしゃくせずに、優雅に両手を左右に揺らしながら踊ります。膝も高く上げず流れるように踊るのが特徴です。

男性が妊娠・出産する超ドMな世界

超ドMな小説は、どんなAV作品よりもドMです。理由は簡単:AV作品は実在の人物しか撮影できない一方、小説なら実在の人物では演じられない姿を見せることが出来るからです。その好例がこの作品です。
image
男性が妊娠・出産する世界
主人公が迷い込む世界は、男性が妊娠・出産する世界です。妊娠・出産するということは、受精しなければなりません。この小説の設定によると、男性が射精すると、精液の中に女性の快感物質が大量に放出され、その精液を受けた女性の卵巣から卵子がその精液の中に放出されます。その精液は男性の精巣(タマタマ)に逆流し、タマタマが受精するのです。受精したタマタマは男性の身体の中にある子宮ならぬ育宮に移動して、男性の股間は「竿有り玉なし」状態になります。育宮の中で2人の赤ちゃんが育ち、10月10日で出産するのです。

その世界は徹底的に女性が上位で、男性は18才以上になると教育を受けることが事実上不可能になり、知的労働をすることも不可能です。なぜか?それには非常にしっかりとした理由があるのですが、そこまでネタバレするとこれから読む人にご迷惑をおかけするかも知れないので、それ以上は書かないことにします。

主人公は普通の男性(大学生)ですが、ここまで超ドMな体験を続けると・・・・。読む人も必ずズルズルと引っ張り込まれるので、一度読むと、ノーマルではなくなるということを分かった上で読むことをお勧めします。

性転換(TS MTF M2F) ニューハーフ 女装 SMの安心AV動画