タグ別アーカイブ: OLになる

OLになってからAV女優になった天束璃音の「ニューハーフスパイ 間諜X 地獄の陸軍式拷問 天束璃音」

ニューハーフスパイものはお好きですか?私は大好きです。今日は大学卒業後OLになってからAV女優になった天束璃音さんの主演する「ニューハーフスパイ 間諜X 地獄の陸軍式拷問 天束璃音」をご紹介します。

この左側のベレー帽のスパイ、天束璃音(あまつかりおん)さんは、大学時代にフルタイムの女性として生活するようになり、OLとして就職後、ニューハーフヘルス嬢を経て2012年7月にニューハーフAV女優としてデビューしたという、正統派TSです。

なぜ正統派TSかというと、性同一性障害の患者(MTF)は、小中学生時代に自分が女性であるべきだと認識しますが、実際に行動に移すことは非常に困難です。

親元を離れて大学生として一人で生活するようになって、女性ホルモン、脱毛、女装、メイクと実行することが可能になり、そこまでは実行に移すことは割合簡単です。

でもその次にはさらに高いハードルが待ち受けています。性転換手術を受け、戸籍を女性に変更し、女性として就職して、女性として結婚することです。

殆どの人はその途中でギブアップし、中途半端なまま年を重ねることになってしまいます。

天束璃音さんは、「OLになる」という性同一性障害患者の夢を叶えたという点が素晴らしいと思います。

OLとしての会社生活について、天束璃音さんは【私が生きた道】〜RIOそして天束璃音へ〜という短編の無料小説を出されています。性同一性患者の実際の気持ちや天束璃音さんについて理解を深めたい方にはご一読をお勧めします。

天束璃音さんの履歴でもわかるように、戸籍が男性のままでOLとして働くのは非常にリスキーです。社会保険や税務申告の手続きには性別が明記されますから、会社は従業員の性別を把握する必要があるため、戸籍を隠すことはできないのです。

天束璃音さんの例でも分かるように、職場の誰かには自分が元男性であることが知られてしまい、普通の女性として勤務することは事実上不可能だと思います。

大学時代に戸籍の変更までこぎつけることも非常に困難です。現役入学の場合、成人すると3年生になってしまい、成人後すぐに手続きを開始しても2年以上かかるので卒業までに女性になるのは不可能に近いのです。

最近は女性でも大学院に進む人が多いので、「卒業までに戸籍を女性にする」だけの目的で大学院に進むのが良い方法と思います。そうすれば、女性として卒業し、(戸籍謄本を見ない限り)堂々とOLとして働けるのです。

さて、本題の作品に戻りますと、一般的なスパイものが、スパイとして敵陣に潜入後、敵(犯罪組織)にスパイだと見抜かれ、さらに強姦されそうになって、女性でないことも知られて、徹底的に虐待される、というストーリーであるのに対して、この作品はスパイの訓練中の失敗の結果、「地獄の再教育プログラム」の対象となり、「地獄の陸軍式拷問」を受けるというものです。

鼻の穴を吊り上げられると、いわゆる「メス豚」の顔になり、とても屈辱的ですが、ニューハーフの場合は鼻吊りで女っぽい顔が強調されるため、ニューハーフ拷問には鼻吊りが多用されるようです。

間諜(スパイ)に浣腸とはダジャレ!

もう一度天束璃音さんに話を戻しますと、天束璃音さんはFC2動画で「璃音の動画【マッタリ雑談】」を無料公開していますので、可愛いお顔と声を5分間楽しむことができます。

アダルト動画:璃音の動画【マッタリ雑談】

うらやましいほど可愛い声ですね!

[後日談] 強制女装でOLにされて数年後に「まゆ」が味わう恥辱

本サイト記事”強制女装でOLにされて数年後に「まゆ」が味わう恥辱“を読んで、絶望的な気持ちになった方が多いと思いますので、痛快な後日談をお届けします。

一晩中、アナルマンコを輪姦された僕(まゆ)は、翌朝解放されました。気を取り直して綺麗にお化粧し、ピンクのスーツを来て出社しましたが、三人の男子社員たちが僕を昨日までとは違って痴女娼婦を見るような目で見下しているのを感じます。僕自身も、昨夜のまま首輪で鎖につながれているような気がして、時々首に手をやって確かめてしまいます。

憎らしい部下から卑劣なメールが届きました。

「今晩から、三人が交代でまゆちゃんを世話してやることにした。昨日まで干上がってたケツマンコが毎日潤うことになっておめでとう。いやなら昨日見たことを会社中に言いふらすからね。」

僕は、もうこのままでは会社に居られないと観念して、社長に相談することを決意しました。

社長は僕から事情を聴いて、穏やかな顔でこう言いました。

「最近の若い男子社員はレベルが低いわね。わたしに任せなさい。」

私は、東南アジアの婦人服市場の新規販路開発のため、その夜のフライトでバンコックに一ヶ月の出張をするよう命令されました。

「必要なことは全てタイの代理店の社長に手配を依頼しておくから、この人物を訪ねなさい。」

と名刺を渡されました。

僕は部署に戻って、社長命令により今夜のフライトでバンコックに出張することになったことを告げました。部下からは「社長命令なら仕方ないな。帰ったら毎晩可愛がってやるからケツマンコを綺麗にしておけ。」というメールが来ました。

翌朝バンコック空港に着くと、代理店の社長が迎えに来てくれていて、そのまま車はヤンヒー病院に向かい、検査と問診を受けて入院となり、翌日手術を受けました。

性転換手術により、僕のペニスと睾丸の一部が活用されて、クリトリスと膣に生まれ変わったのです。

入院して手術後ケアを続けながら、豊胸手術が施され、Eカップの巨乳になりました。また、若干気になっていた声も、声帯手術とボイストレーニングにより、高くて可愛い声になりました。

一か月後、すっかり体力の回復した僕は、羽田行きのフライトに乗り、翌朝出社して社長に挨拶に行きました。

部署に帰ると、3人の部下からメモを手渡されました。

「まゆ奴隷ちゃん、おかえり。今夜は3人で久しぶりに可愛がってやるから、7時にこのホテルに来なさい。」

7時にホテルの部屋に行くと、3人の部下がガウンの前をはだけさせて、チンチンを見せたまま待っていました。

僕は首輪とつけられ、鎖につながれました。

「さあ、裸になって、チンチンとケツマンコを出せよ。」

と、言われたときに、ドアがノックされました。部下の一人が「誰だよ、こんなタイミングで」と言ってドアを少し開けると、そこには社長と秘書室長がたっていました。

社長たちはズカズカと部屋に乗り込んできます。

「まゆに首輪を付けてどんな悪さをしてるのよ。」

「違うんです、社長。まゆさんは、重大な秘密を隠して、会社を裏切っているんです。」

「その秘密って何なの?」

「まゆさんは、実はチンチンを持った男性で、胸はフェイクです。男なのに女性のふりをして会社に勤めているんです。」

「それをバラさない見返りに乱暴しようとしてたというわけね。」

「違うんです。僕たちは全部白状させて証拠も掴んで人事部に報告しようとしていました。」

「じゃあ、その証拠を見せなさい。」

「まゆさんを裸にすれば分かります。」

「裸にして、女だったらどうするの?」

「絶対にありえません。僕たちは見たんですから。」

「もし、胸が本物のEカップで、オマンコがついていたら、君たちはどう責任を取るかと質問したのよ。」

「その場合は3人ともペニスと睾丸を取って、スカートで出社します。」

「わかったわ。じゃあ、まゆ、裸になりなさい。」

僕はゆっくりとスーツと下着を脱いでいった。ブラを外して、Eカップの巨乳がポロリと出てきたのを見て3人の顔が青ざめた。

最後にパンティを脱いだ。

「そ、そんなばかな。」

僕は、満面の笑みを浮かべて、ベッドの上でM字開脚し、卑猥なオマンコを5人の目にさらけ出した。

「君たち、約束は守ってもらうわよ。」

「僕たち、会社を辞めます。」

「もし会社を辞めたら、その日のうちに強姦と脅迫で告発するわよ。まゆから被害の報告書と君たちのメールを入手済みだから。それに、今日のこの部屋の出来事も記録したわよ。」

秘書室長が、自分の肩につけた隠しカメラらしい筒状の物体を指さしていった。
「これは6月12日新発売のパナソニックのウェアラブルカメラHX-A500よ。4k30pの高精細画像が撮れて、強力なブレ補正・傾き補正機能が特徴よ。欲しければAmazonで買えるわよ。」

「こんな場面で商売しないでください!」と叫ぶ僕だった。

翌朝、3人のダメ男子社員たちが社長室に出頭すると、人事部リサイクル課2係への異動の辞令が下されました。

社長秘書は、数年前に僕が2係に連れ込まれた日にエレベーターに乗っていた高身長美人社員その人ですが、その後出世して秘書室長になっていたのです。

「数年前のまゆと同じね。先輩社員の指導を受けて、良い子になるのよ。」

3人のダメ男子社員は2係に引き渡され、高身長の先輩女子社員達からやさしく裸にされ、ウィッグとブラとパンティを付けて、人事部リサイクル課2係(女装レズ係)の規定を暗誦させられました。

  1. 男子社員は必ずスカートを着用する事。
  2. 下着はブラジャーとパンティーを着用する事。
  3. 女子社員は朝礼で男子社員の服装をチェックする事。必要に応じてボディチェックも行う。
  4. 男子社員は服装チェック・ボディチェックをいかなる時も拒否してはならない。
  5. 男子社員は女子社員からの指導を拒否してはならない。

そして、数年前の僕と同じく、強制女装OLとして、毎日先輩女子社員たちの甘美でハードな指導を受ける日々が始まりました。

すっきりしましたか?それでは別のまゆちゃんのお話しもご覧ください。

人事部人材リサイクル課 女装レズ係のOL「男性社員はスカートを着用する事」

男性ダメ社員を強制的に女装させOLとして活用する会社があるのをご存知ですか?まずはサンプル動画をご覧ください。

 

今はアベノミクスで多少持ち直していますが、 65才定年になって会社に人材が余り始めると再びリストラの嵐が始まるかもしれません。そんな厳しい社会で人事部に「人材リサイクル課」を持つ会社があるとは、非常に前向きですね。

リストラではなくリサイクル。人間誰でも思い通りにいかない時期があり、切り捨てられるかわりに、人材活用=リサイクルを考えてくれれば助かります。是非そんな会社に就職しましょう。

しかも、人材リサイクル課はすらりとした高身長の美人ぞろい!本来は他の部署で見捨てられた男性社員が配属される所ですが、高身長美人フェチの僕としては自ら配属を希望してもいいぐらいです。

しかし、人材リサイクル課の2係には(配属されるまでは知らされないのですが)少しユニークな規定があり、新人は毎朝これを言わされます。

  1. 男子社員は必ずスカートを着用する事。
  2. 下着はブラジャーとパンティーを着用する事。
  3. 女子社員は朝礼で男子社員の服装をチェックする事。必要に応じてボディチェックも行う。
  4. 男子社員は服装チェック・ボディチェックをいかなる時も拒否してはならない。
  5. 男子社員は女子社員からの指導を拒否してはならない。

人材リサイクル課の美人社員たちは、配属されたダメ社員を指導するという本来の仕事以外にも、指導しようかな、と思ったら、テキトーに引っ張り込んで指導対象にするという特権もあるようです。

エレベーターに全身セクシーなモデルボディの女子社員が乗りこむのを見た僕は、閉まりかけたドアに手を差し込んですべりこみ、同乗する喜びを味わいます。普通は嫌がられるのですが、今日は今年一番のラッキーな日で、にっこり微笑まれて、僕は女子社員の所属する人材リサイクル課2係の部屋にノコノコとついていってしまいました。

僕はあっという間に服を脱がされ、女子社員の服装を着せられてしまい、2係の「指導」が始まります。

高身長美人に挟まれて、ドキドキします。このまま毎日指導してほしい気持ち。

この後、服を脱いで二人が身に着けてる下着を取り換え、下着姿で立ったままレズプレイするシーンが超刺激的。

「規定には書いてないけどお化粧は当然完璧にするのよ。」

リップを犯すようなセクシーな手つきで教えてくれます。

規定通りのボディチェック。

細部の機能点検も含まれています。

「お客さまと話すときは何があっても笑顔のまま。」

僕のスカートの中に頭を突っ込んで、ペニスをがっちりくわえたまま離してくれません。

ロッカールームでの指導も、

フェラの楽しみ方もやさしく教えてくれました。

規定に書かれていないことにも指導範囲がどんどん広がります。

そして・・・

タイトスカートをはいたときの裏地の気持ちよさも初めて教わりました。

スカートの裏地でしごかれ「私のお口とどちらが気持ちいいのかしら」と聞かれてタジタジ。

ヒールで股間を責められることに喜びを感じるようになってしまった僕・・・・

前の部署では上司に理不尽な命令をされてムカムカしていた僕ですが、女子社員の命令には絶対に従うことが当然の2係では、理不尽な命令をされるほど、喜びを感じるようになるのです。定年までずっと2係でいさせてほしい・・・

さてさて、女子社員のプロフィールを見てみましょう。

  • 一ノ瀬ルカ 168cm 93-56-88 Hカップ 28才 2係
  • 木崎 実花 165cm 86-58-88 Eカップ 24才 1係(ルカの友人)
  • 藤沢未央 168cm 86-63-89 Dカップ 36才 2係

高身長美人という設定ですが、このサイトではニューハーフ女優のプロフィールに慣れているので、平均的な身長に見えてしまいます。ヒールの高さでごまかしていますが、170~175㎝の女優を集めても良かったような気がします。

3人の中では、僕をエレベーターで虜にした一瀬ルカの168/93-56-88 Hカップボディがスペック的に飛びぬけています。こんな子を見たら、そりゃあどこでもノコノコついていきますよね!

それにしてもこの作品は、2時間余り浸りきれますし、このカテゴリーで1番のお勧めです。