カテゴリー別アーカイブ: 性転換

男性が妊娠・出産する超ドMな世界

超ドMな小説は、どんなAV作品よりもドMです。理由は簡単:AV作品は実在の人物しか撮影できない一方、小説なら実在の人物では演じられない姿を見せることが出来るからです。その好例がこの作品です。
image
男性が妊娠・出産する世界
主人公が迷い込む世界は、男性が妊娠・出産する世界です。妊娠・出産するということは、受精しなければなりません。この小説の設定によると、男性が射精すると、精液の中に女性の快感物質が大量に放出され、その精液を受けた女性の卵巣から卵子がその精液の中に放出されます。その精液は男性の精巣(タマタマ)に逆流し、タマタマが受精するのです。受精したタマタマは男性の身体の中にある子宮ならぬ育宮に移動して、男性の股間は「竿有り玉なし」状態になります。育宮の中で2人の赤ちゃんが育ち、10月10日で出産するのです。

その世界は徹底的に女性が上位で、男性は18才以上になると教育を受けることが事実上不可能になり、知的労働をすることも不可能です。なぜか?それには非常にしっかりとした理由があるのですが、そこまでネタバレするとこれから読む人にご迷惑をおかけするかも知れないので、それ以上は書かないことにします。

主人公は普通の男性(大学生)ですが、ここまで超ドMな体験を続けると・・・・。読む人も必ずズルズルと引っ張り込まれるので、一度読むと、ノーマルではなくなるということを分かった上で読むことをお勧めします。

少しでもM気のある人の隠れた願望が全て実現してしまう世界とは

先日Momominが投稿済みですが、同じ小説について書きます。

生粋のSの人でなければ誰にでも心の奥底にMな感情やMのシチュエーションを期待する願望が少しは潜んでいるものです。女性はごく少数の例外を除き、少しはM気があると言われます。男性でもこのサイトに迷い込んだ人には「少しは」M気があるのではないでしょうか。

Mな願望と言っても、白昼夢としてMなシチュエーションを思い浮かべて被虐の喜びに浸るという純粋なMもあれば、普段は意識していないのに実は深層心理や潜在意識の中に、Mにつながるような恐怖体験や心の傷が潜んでいて、何かの拍子でそれが表面化する場合があります。

危険な誘惑」という衝撃のマゾ小説は “Gender Swap SFエンターテインメントです”という軽い感じの宣伝文句です、M気のある人が読むと、人格が変わってしまうほどのインパクトがあり、精神的に相当タフな人以外は読まない方が無難です。最初の4分の1ぐらいは軽快な話が続くのでスイスイ引き込まれますが、気がついた時には too late (もう逃げられない)という感じです。

例えば、主人公は数年前に犬と結婚させられた性奴隷女が1ヶ月後には人間性を失ってしまうという話を読んだことがあり、犬のペニスは一端挿入されると抜けなくなり数回の射精の後やっと抜かれたときに女は思考力を失っていた、という話が、深層心理の中で恐怖として残っていました。少しはM気のある主人公の深層心理の中で、その恐怖感がいつしか願望に変化していたら・・・。「未来シミュレーター」という機械により隠された願望が実現された時、主人公はその性奴隷女の恐怖を再体験することが可能な状況となって・・・・。

全裸で数頭の大型犬と一緒にオリに収容されて翌日一緒に殺されることになった夜の、雄犬との深い精神的・本能的のシーンでは本気で身震いしました。それが恐怖ではなく快感としての震えだった、ということは、私の人格も変えられてしまったと考えられるでしょうか。

どんなM男AVよりもリアルなマゾ体験をさせてくれる凄い小説でした。

ノーマル男性なら自分の彼女には読ませるべきではない小説です。(自分がドSで彼女のM性を大きく開花させたい場合は別ですが。)

但し、この小説の主演・助演はともに女性なので、TS小説とはいえ女性が男性になるFTMシーンしかないので予めお知らせします。本サイトを訪問されるMTFの方が読む場合は、「すでに僕は女の子になった」と自分に言い聞かせてから読み始める必要があります。

深層心理にあるMな願望の全てを極限状況で実現させる衝撃のGender Swap SF小説

誰でも心の奥底には秘められた願望があるものです。例えば性同一性障害(MTF)の人の多くは「女の子になりたい」という願望を幼少期から抱きながら、他人に対してはその願望を隠し続け、ある時点でもうそれ以上抑制できなくなって「カミングアウト」となります。

秘めた願望でも、上記は意識の中で顕在化している願望ですが、本人が自覚しないまま深層心理の中に隠れた願望として眠っている願望もあります。

危険な誘惑(未来シミュレーター)例えば、この小説の主人公である凛子は、数年前に本で大型犬と結婚させられて妻になることを強いられた若い性奴隷の話を読みました。犬のペニスは一旦挿入すると抜けにくい形に肥大して、挿入したまま数回の絶頂を経た後でやっとペニスが抜かれた時には思考力を失っていたという話です。その若い女は自分の主人になった犬に毎日何度も犯され続け、ひと月後には完全に気が狂っていたそうです。その話はノンフィクションとは書かれていたが、凛子は本気にはしていませんでした。しかし、あまりにもショッキングな話だったので、女が犬に犯される光景が時折頭の中にイメージとして蘇っていたとのことです。

女性にはMな性癖が内在している場合が多く、MTFも同様と言われます。犬に犯される光景は、恐怖のシーンとして女性の意識に焼き付けられたわけですが、Mな女性の深層心理の中で、その記憶が無意識のうちに願望に変わる場合があるのです。

そんな女性が、もし全裸のままで、大型犬5頭と同じオリに入れられたら、どうなるでしょうか?そんな状況で神様が「女よ、お前の心にある願望を読み取って叶えてあげよう」と宣言した場合、その女性は、5頭の犬のどれかの妻になることにより「願望が叶えられる」のです。

この「未来シミュレーター」という新しいシリーズのGender Swap小説は、マシンが勝手に被験者の願望を読み取り、実現してくれるというお話しです。いくつかの極限に近い状況が設定され、主人公の女性はその極限の状況に置かれて、ひとつひとつ窮地を切り抜けていきます。

極限状況での犬との深い交流は、この小説のエピソードのひとつですが、それ以上に驚愕するのは「男と女の関係」です。(ネタバレで水を差さないよう、ここまでにしておきます。)

性同一性障害に関する最終章は、頭をハンマーで殴られたほどのショックを受けました。

元々、Mを内包する女性(ということは殆どの女性)をターゲットとして書かれた小説だそうですが、少しでもM気のある男性なら、引きずり込まれて抜け出せなくなるかも知れません。結果として社会通念からすると「正常」ではない濃厚な性交シーンが頻発するためR18扱いになっています。

Dugaで類似したM度で犬が出てくるものは無いかと探しましたが、流石に実写動画でできることには限界があり(小説にかなわない)これだというものはありませんでしたが、ショック度でいうと以下の動画は納得できるのではないでしょうか。

男性でも女性でもない第3の性とは

男性でも女性でもない第3の性とはなにかご存じですか?
ニューハーフではありません。社会的にマジに第3の性と呼ばれるカテゴリーがあるのです。
それは日本ではなく、インドの話です。(他の途上国にもあるようです。)
インドにはヒジュラというカースト(正確にはアウトカーストの1つのコミュニティー)があり、社会的にも認知されています。
ヒジュラの親からヒジュラの子供が生まれると言うことはありません。なぜならヒジュラは基本的に去勢するからであり、女性はヒジュラにはなれないからです。
すなわち、再生されない人達なのです。
それが何故なくならないかというと、毎年何万人もの人が新たにヒジュラになるから、と言うことのようです。
新たにヒジュラになる人達にはいくつかのパターンがあります。

  • 若くて美しい男の子が誘拐されて強制的に去勢されるケース。日本ではあり得ないことですがインドでは本当にあるようです。
  • 貧しい家庭が食い扶持を減らすために、可愛い男の子をヒジュラのボスに預けるケース。
  • 貧富にかかわらず男の子がどうしても女の子になりたくてヒジュラのボスに駆け込むケース。
  • 生まれつき両性具有だったり、完全なインポだったりする人がヒジュラになるケース。

インドのヒジュラの人口は70万人とも百数十万人とも言われているそうです。

私もインドに生まれていれば上記の3のケースのようにヒジュラのボスに駆け込んでいたと思います。

ただ、ヒジュラになると、まともな職業では採用してくれず、乞食(神の使いとして踊ったり祝ったり呪ったりしてお布施を受け取る)か売春の仕事しかできないと言われています。

おなじみの作家の作品ですが、日本人男性が絶世の美女の踊り子に魅惑されてついていってしまい、ヒジュラにされてしまうという設定です。本当にヒジュラの立場で描かれているので、読んでいてひとごとではなくなる、という感じで、心底引き込まれました。

こちらも第3の性をテーマにした動画です。

ノーマル男性にはわかりにくいと思いますが、第3の性に生まれついた人間にとっては、最もシリアスな小説でした。

性転換手術の前に見た生々しい手術動画が怖くて病院を逃げ出した患者

ひろみの場合のアフィリエイト動画を作りました。管理人によると私の作成したページでは売り上げ(アフィリエイトコミッション)が非常に少なく、唯一の例外が性転のへきれき(Amazon Kindle)とのことですので、これを選びました。

クリエイティブコモンズってご存じですか?著作権のライセンス契約のひとつで、第三者に自由な使用を許す、但し、使用する第三者は原作へのレファレンスを記載しなさい、というものです。

ユーチューブ動画にもクリエイティブ・コモンズ条件でアップロードされた動画がたくさんあり、私の作成した動画には、性転換手術のオペ動画(原作は英語)が引用されています。自分で作ったスライドを3枚挿入して、ユーチューブHPで提供されている動画エディターを使って作成しました。

バックグラウンド音楽はCologne1983という名前の、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの音楽を使用しました。

迫力のあるオペ動画を含むPV動画を短時間で作成できて満足しています。