wpmaster のすべての投稿

ゆきのあかりの勢いが止まらない!変態家族の養子になって女の子にされてしまった僕

「ゆきのあかり」主演の作品ですが、ゆきのあかりは両親を失い新たな家族の元へ養子として引き取られます。そこでは変態一家がゆきのあかりを出迎えます。女の子がほしかった両親はゆきのあかりを女性に変えようと考えます。ゆきのあかりは身も心も女の子にされてしまい、性のはけ口にされるのでした。

  

自分が養子に引き取られて、可愛いワンピースにロングウィッグの姿で新しい両親のもとで可愛がられるところを想像してみてください。でも、この動画のようにうまくはいきません。

この動画がこんなふうにドキドキ動画になるのは、ゆきのあかりが可愛すぎるからです。ゆきのあかりは生年月日1994年6月22日で現年齢 21になったばかり。170センチ、90 – 64 – 88 cmでEカップという素晴らしい肢体だから、こんなふうに上手く事が運んだのです。

ゆきのあかりは2014.7より 専属契約 レアル・ワークス専属となっていますが、デビュー作は「フル勃起ニューハーフ」で2014年2月6日発売でした。

170cm Eカップ 90-64-88の自然に豊満なボディと優しい女性らしい顔で「これはいける」と数本のAVが立て続けに発売されました。7本目の「ままはニューハーフ」では人妻役で義理の息子と出来てしまう(やろうとすると、あるはずのないものが・・・)というものですが、いつでも人妻になれるエロ癒し系の笑顔が印象的でした。

2014年秋以降に人気絶頂の美女ニューハーフ大島薫とのデュオ共演のAV発売もあり、大島薫に負けない肢体でスターダムにのし上がってきました。

当時のトップスターになっていた大島薫とデュオで出演するほど人気になったわけですが、最近の勢いは凄いです。大島薫に負けない人気で、毎週のように新しいAVが出るという凄い人気になりましたね。
健康的で無理に絞っていない優美な体がゆきのあかりの魅力だと思います。

男性が妊娠・出産する超ドMな世界

超ドMな小説は、どんなAV作品よりもドMです。理由は簡単:AV作品は実在の人物しか撮影できない一方、小説なら実在の人物では演じられない姿を見せることが出来るからです。その好例がこの作品です。
image
男性が妊娠・出産する世界
主人公が迷い込む世界は、男性が妊娠・出産する世界です。妊娠・出産するということは、受精しなければなりません。この小説の設定によると、男性が射精すると、精液の中に女性の快感物質が大量に放出され、その精液を受けた女性の卵巣から卵子がその精液の中に放出されます。その精液は男性の精巣(タマタマ)に逆流し、タマタマが受精するのです。受精したタマタマは男性の身体の中にある子宮ならぬ育宮に移動して、男性の股間は「竿有り玉なし」状態になります。育宮の中で2人の赤ちゃんが育ち、10月10日で出産するのです。

その世界は徹底的に女性が上位で、男性は18才以上になると教育を受けることが事実上不可能になり、知的労働をすることも不可能です。なぜか?それには非常にしっかりとした理由があるのですが、そこまでネタバレするとこれから読む人にご迷惑をおかけするかも知れないので、それ以上は書かないことにします。

主人公は普通の男性(大学生)ですが、ここまで超ドMな体験を続けると・・・・。読む人も必ずズルズルと引っ張り込まれるので、一度読むと、ノーマルではなくなるということを分かった上で読むことをお勧めします。

少しでもM気のある人の隠れた願望が全て実現してしまう世界とは

先日Momominが投稿済みですが、同じ小説について書きます。

生粋のSの人でなければ誰にでも心の奥底にMな感情やMのシチュエーションを期待する願望が少しは潜んでいるものです。女性はごく少数の例外を除き、少しはM気があると言われます。男性でもこのサイトに迷い込んだ人には「少しは」M気があるのではないでしょうか。

Mな願望と言っても、白昼夢としてMなシチュエーションを思い浮かべて被虐の喜びに浸るという純粋なMもあれば、普段は意識していないのに実は深層心理や潜在意識の中に、Mにつながるような恐怖体験や心の傷が潜んでいて、何かの拍子でそれが表面化する場合があります。

危険な誘惑」という衝撃のマゾ小説は “Gender Swap SFエンターテインメントです”という軽い感じの宣伝文句です、M気のある人が読むと、人格が変わってしまうほどのインパクトがあり、精神的に相当タフな人以外は読まない方が無難です。最初の4分の1ぐらいは軽快な話が続くのでスイスイ引き込まれますが、気がついた時には too late (もう逃げられない)という感じです。

例えば、主人公は数年前に犬と結婚させられた性奴隷女が1ヶ月後には人間性を失ってしまうという話を読んだことがあり、犬のペニスは一端挿入されると抜けなくなり数回の射精の後やっと抜かれたときに女は思考力を失っていた、という話が、深層心理の中で恐怖として残っていました。少しはM気のある主人公の深層心理の中で、その恐怖感がいつしか願望に変化していたら・・・。「未来シミュレーター」という機械により隠された願望が実現された時、主人公はその性奴隷女の恐怖を再体験することが可能な状況となって・・・・。

全裸で数頭の大型犬と一緒にオリに収容されて翌日一緒に殺されることになった夜の、雄犬との深い精神的・本能的のシーンでは本気で身震いしました。それが恐怖ではなく快感としての震えだった、ということは、私の人格も変えられてしまったと考えられるでしょうか。

どんなM男AVよりもリアルなマゾ体験をさせてくれる凄い小説でした。

ノーマル男性なら自分の彼女には読ませるべきではない小説です。(自分がドSで彼女のM性を大きく開花させたい場合は別ですが。)

但し、この小説の主演・助演はともに女性なので、TS小説とはいえ女性が男性になるFTMシーンしかないので予めお知らせします。本サイトを訪問されるMTFの方が読む場合は、「すでに僕は女の子になった」と自分に言い聞かせてから読み始める必要があります。

長時間の感動!ニューハーフSEX奴隷調教、コスパ抜群8時間コレクション

連休の最後のロウソクが消えようとする週末、「ニューハーフSEX奴隷調教8時間コレクション」を買ってしまいました。君島可憐,夏目百合,南野みなみ,湯本千夏,彩瀬まい,七星ゆき,篠田りな,愛原みき,琥珀さやか,青木優奈,さな, という豪華ニューハーフたちが緊縛され、調教される動画コレクションで、なんと合計8時間ですから、コスパとしては抜群です。

 

自己中心的な表現で逆説的に言うとザーメンを大安売りしているようなものです。(ザーメンが1日に出る量には明らかな限界があるので、そんなに大安売りにはなりませんが・・・。)

この動画の販売サイトでの説明にも書いてある通り、SM緊縛調教の動画は、M男とかSMのカテゴリーでは簡単に手に入りますが、ニューハーフを対象とするSM緊縛調教は意外と少ないのです。

ニューハーフのSM緊縛調教というと、多くの場合マイルドなSMであり、美しい顔をゆがめて我慢しているように見えて、実はたいした痛みや苦しみは感じていないというのが実態です。 もっともっと、ニューハーフ女優が「助けてくれ~」と女言葉を忘れて絶叫するぐらいにしないと、本当のSMとは言えませんね。

もう2度とSM緊縛ものには出演しない、とニューハーフ女優がきっぱりと断るようになるほど、ハードなSMものを見せて欲しいものです。

この作品は8時間の長さを誇るだけあって、本当のSMと、ハードとは言えないSMが混在しているので予めご了承ください。

ボーイッシュな髪形でも女っぽいニューハーフ桜花舞が喘ぐ「劣情NH エステ快感」

AV女優: 桜花舞

出演時の状況: 竿あり 玉あり 胸/スレンダー ペニクリサイズM パイパン(*脚注参照)

内容:  無修正、NHの発射有 手コキ

ニューハーフの桜花舞が客としてエステサロンに行き、エステ嬢からマッサージしてもらうという設定です。

初めは背中にタオルをかけられますが、そのタオルをはぎとられて素っ裸にされます。

前にもバックにも体にオイルを塗られて、ローターや手こきで責めまくられ、喘ぎまくる桜花舞!

エステ嬢は桜花舞のアナルマンコをディルド・バイブで責めて喘がせますが、最後はぺニバンで行かせるのでした。

 

ショートヘアーなのに女っぽいニューハーフ美女、桜花舞を堪能できます。

桜花舞のノー天気なムードもよいですがその雰囲気の女ならニューハーフに限らず純女の方が好みだよという声も周囲から聞こえてきます。桜花舞の良さを知ると純女の方が良いなんて言う人は居なくなるんじゃないかな。でぷよぷよ肌で豊乳という女もうらやむナイスバディのNH桜花舞。

チンポまみれでないですがむしろそれが見せ場ですね。アナルからニューハーフマンコを犯されるシーンが興奮できました。

桜花舞は美しいボディで、なおかつ顔がきれいなので、桜花舞がなりふりかまわず浸っている姿が卑猥で興奮度が高いです。

(脚注*)今回の記事からAV撮影時のニューハーフ女優の状況についてできる限り書くようにしたいと思います。ニューハーフAVの場合は途中で竿なしになる(去勢手術を受ける)場合が多く、手術前の女優と手術後の女優では、一挙手一投足の意味が全く違ってくるからです。性転換手術でナシ・ナシになった場合はなおさらこの点が重要になります。手術後のAV作品だと、純女のAV女優とどう違うのか、わざわざニューハーフ女優を使う作品にする意味(魅力)はどこにあるのか、という点がポイントになると思います。