本当の女性美を持つ最高のニューハーフ女優、中澤チュリン


中澤チュリンに対してこの作品のタイトル「ちゅりん カズキ – 壇蜜をも凌ぐいやらしさと可愛らしさ-黒髪大和撫子ちゅりんのAV初ハメ撮り生中継」では全く形容が不十分と思います。壇蜜は魅力的ですが、中澤チュリンの魅力は別次元だと思います。

本当の女性美とは何かを体全体で教えてくれる中澤チュリン。壇蜜の、ある意味達観したようなしなやかさに対し、中澤チュリンのしなやかさは、優しさと不安が同居したしなやかさであり、魂を揺さぶられる魅力を感じます。

中澤チュリンの表情がまた魅力的です。不安におびえたような暗さが垣間見える憂い顔に見える時間が長いのですが、笑顔には屈託がなく全てを許容する母親のような優しさと同時に男性を魅了する色っぽさが感じられます。また恥じらいの表情も、自分の高校時代に断トツの人気だった同級生の恥じらいの表情を思い出させるものがあります。

168cm 80-56-80のAカップと極端に華奢でしなやかな中澤チュリンの19才の天然の肢体が、表情や美しい顔、それに黒髪と調和しています。そして声も可愛い。

「神様が祝福し全てに恵まれた子」と誰もが思うところですが、実はそうではないのです。本来、女性の体を持つべきところを、神様が男性の体を与えてしまった結果、中澤チュリンは苦悩の人生を歩んでいるのです。だからあんなに憂いを湛えた優しい表情をしている。というのは、考えすぎでしょうか?

最高に美しい女性らしい顔と体に、何故か鎮座する不似合いな竿・玉、これがあるからニューハーフなんだ、と言う人が多いですが、私は、中澤チュリンに限っては、それを気の毒に感じてしまうのです。

蘭花の水元蘭さんは、中澤チュリンが4月に蘭花を去った悲しみと中澤チュリンへの祝福をブログに書いていらっしゃいました。

中澤チュリンを史上最高のニューハーフと絶賛する記事は多いですが、私は、一般女優(AV以外)を含めて、際立って魅力的で気になる女優の一人だと思っています。まだ19才、今後どんな女優として育っていくのかを見守りたいと思います。


サンプル動画を見まくるにはメルアドと年齢だけで無料登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です