ソープ嬢になったニューハーフがアナルファックで昇天するときの本気度


「みずのゆき:ソープ嬢になったニューハーフ」という楽しいタイトルのついたAVで、マットプレイでぺ二クリフェラ、アナル舐めからバックで挿入まで、心底楽しそうにピストンしまくっています。みずのゆきさんも本気で楽しんでるみたいですね。

でも、ニューハーフがソープ嬢になるには高いハードルがあるんです。ご存知でしたか?

脱毛、豊胸、声帯手術のことじゃないですよ。

「お前のボディと顔では客がつかない」とオーナーに言われる、というようなハードルのことでもないです。

自分の気持ちのハードルです。

ニューハーフになる人のほとんどは、幼少のころから女になりたいと思い始め、中学・高校になると「早く女にならないと・・・」と焦ります。高校を出た時点でフルタイムに女性として暮らせるラッキーな人はごく稀で、絶望的な気持ちで社会人になって、それからどうしようもない気持ちになって水商売や風俗のドアをたたくんです。

小中学・高校時代に「女として水商売に進みたい」とか「風俗嬢になりたい」と思っている人はごくごく稀で、ほとんどの子は「普通の女の子になりたい」と思ってるんです。

普通の女性もそうですが、水商売が好きな人は結構多いですが、風俗嬢になりたいと思っている人は殆どいないんじゃないでしょうか?風俗嬢になってしまうと、「体を売っている」という目で、別の種類の人間のような目で男が(それ以上に普通の女が)見るようになり、後戻りしたくてもできないのが実情です。

経済的な理由とか、男にはめ込まれたり、頼み込まれたりして、仕方なく風俗に進むことが多いのです。

その時に、意識したり、しなかったり、高いハードルを越えなければなりません。

「フェラと手こきだけだから全然問題ないじゃないか」と言われて、そうかな、と思いますが、ニューハーフソープ嬢とニューハーフキャバクラ嬢がどんなに違うか、ということに気づくのは、風俗嬢になってしまった後のことです。

それでは、このビデオのようにマットプレイでぺ二クリフェラ、アナル舐めからバックで挿入まで、心底楽しそうにピストンしまくっているニューハーフは、そんな暗い過去とか、超えてしまったハードルに悶々としながら快楽を装っているのでしょうか?

いいえ、完全に本気です。超えてしまうと、ハードルの手前より、さらに本気度が上がってるんです。

そんなことも思いながらじっくり味わっていただければ、さらに深く楽しんでいただけると思います。


サンプル動画を見まくるにはメルアドと年齢だけで無料登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です