女相手のレズで痙攣させられるニューハーフの愛ちゃん


主演の愛ちゃんはペニクリ付きのニューハーフで、生身の女性にリードされて、ペニクリでもアナルでも行きまくって痙攣しまくるという、高感度ニューハーフAVをお楽しみください。

愛ちゃんはペニクリ付ですが、性転換手術をしてペニクリが人口ヴァギナになった場合、性感はなくなるのでしょうか?

ライトノベルやマンガでは、女性と同じ快感が得られるような感じで描かれていますが、女性と同じとまではいかないようです。

クリトリスはペニクリの一部の神経の集中したところを活用して、かなり女性に近い感受性が出るそうです。

また、膣壁は、陰嚢を反転させて使う方法と、S字結腸から一部を切り出して移植する方法があり、陰嚢を反転する方法の方が感度が高い傾向にあるそうです。
(わたしはまだ経験していないので「だそうです」ばかりで恐縮ですが。)

ニューハーフAVの場合は、ペニクリを取っていない、いわゆる性転換前の状態が圧倒的に多いわけですが、ペニクリは(クリトリスほどではないですが)相当な感度があり、また前立腺があるおかげで男性のアナルの性感度はかなりのものだといわれています。

性転換前のニューハーフと男性を比較した場合には、オッパイと乳首のあるなしという決定的な差がありますから、ニューハーフのほうが圧倒的に優位です。

結論としては性感の平均的な到達度だけで比較すると:

感じる女性
ニューハーフ+ペニクリ
一般男性
ニューハーフ+ヴァギナ
感じない女性

の順番になるのではないでしょうか。

但し、ニューハーフ+ヴァギナについては、手術の優劣や精神的な満足度があり、最高到達度という観点では、感じる女性の次に位置するとも言われています。


サンプル動画を見まくるにはメルアドと年齢だけで無料登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です