社長から特別臨時ボーナスをもらいました(春日由衣、破廉恥な女社長の特別ボーナス)

社長秘書の啓子から電話がかかってきた。

「社長がお呼びよ、すぐに来て。」

啓子とは2か月前から付き合っているのでツーカーなのだ。

僕はやりかけのメール処理を中断して席を立った。

社長は気が短いので有名だから、2~3分以内に出頭できないと大変なことになる。

トントン、と社長室のドアをノック。

「はいりなさい。」

「失礼します。」とドアを開けて、一礼して部屋に入る。

社長は社長の席の肘掛付きの椅子にふんぞり返って、靴を履いたまま足を机の上に投げ出している。

社長のスカートの中に黒いパンティがちらりと見えた。

鈴木君、XX商事の社長からさっき電話が入ったわ。

ドキッ。XX商事の女社長は昨夜、カラオケで接待したばかりだ。ずっと上から目線で僕を見下したように接してくるので、ババアのくせに偉そうにして、と心の中で毒づきながら接待したつもりだったのに、何かドジをしてしまったのだろうか。

うちの社長は厳しいから、これで僕も出世は望めないだろうな・・・・

鈴木君、ズボンを脱いでここに横になりなさい。

応接セットの長いガラスのテーブルの上に、ズボンを脱いで寝るように命じられる。

ああ、僕は何をされるんだろう。

社長は僕の両手両足を荷造りテープで、テーブルの四本の足に固定した。

気が付くと社長の手には大きなハサミが!

「お許しください、社長。」

社長はハサミを僕のマタに差し込んで、パンツを切り取る。

「パンツを先に脱がせるのを忘れてたわ、あっはっは。後で代わりに私のパンティをあげるから安心しなさい。」

「XX商事の社長が鈴木君のことをすごく気に入って、契約更新に同意してくれたわ。鈴木君の泣きそうな顔や従順さが気に入ったんですって。契約期間中は鈴木君がつきっきりで接待することが条件だから、今晩から頑張ってね。」

「は、はい。わかりました。」

「今日の午後5時には必ずXX商事の社長室に行きなさい。XX社長から何を言われても絶対に従いなさい。いいわね。たぶん当分帰してもらえないでしょうから、その場合こちらには出社しなくてもいいから。君の上司には私から言っとくわ。」

「もし土、日も返してもらえなかったら休日出勤扱いにするから、絶対にXX社長の言うとおりにするのよ。」

「でも、明日の土曜日は彼女とのデートの約束があって・・・」

社長は啓子に電話した。僕と啓子の関係を知っていたのだろうか。

「すぐ来て頂戴。」

こんな姿を啓子に見られたらどうしよう。

と思い煩う暇もなく、啓子が社長室に入ってきた。

「今晩から鈴木君はXX商事の社長に貸し出すからあなたとはデートできなくなるんですって。」

「わたしにはまったくそんな気はありませんから。」

きっぱりといって啓子は出ていった。

「XX商事の社長は超ドSと聞いてるから、今日は私が鈴木君に思いっきりやさしくしてあげる。特別ボーナスよ。欲しいわね?」

「は、はい。ありがとうございます。」

僕は啓子に振られて呆然となっていたので、社長の特別ボーナスをもらうことにした。

 

「社長、すごい、もっと、もっと・・・・・」

あまりの凄さに僕は気を失っていくのであった。

これはカリビアンコムの作品ですので、全編を見るにはカリビアンコムの会員になる必要があります。カリビアンコムの特徴や入会方法については詳細記事を書いたのでそちらをご覧ください。

サンプル動画を見まくるにはメルアドと年齢だけで無料登録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です